「ゼロから作る知識集約都市」10年目の“想定外”

中国広州市で開発中「知識城」のユニークな試みとは
この写真の記事へ戻る
知識城は広州市北東の郊外にある(Googleマップ)
拡大画像表示
開発が始まる前の2009年(上)と2019年(下)の知識城地区(提供:中新広州知識城投資開発有限公司)
シンガポールのリー・シェンロン首相と中国李克強首相(2018年、提供:中新広州知識城投資開発有限公司)
ガーデンシティを目指す知識城。中央部には巨大な人工湖が作られている(提供:中新広州知識城投資開発有限公司)
知識城のある広州市は深圳市や香港、マカオなどとも近い(提供:中新広州知識城投資開発有限公司)
知識城に進出した企業の例(提供:中新広州知識城投資開発有限公司)
知識城にある凯普生物の実験室(提供:中新広州知識城投資開発有限公司)
電力ガス水道などのライフラインを一体化して埋設している(提供:中新広州知識城投資開発有限公司)
WeChatと連動した知識城の生活ガイドサービス。チャットボットに病院の場所を尋ねたところ、どんな病院に行きたいかを確認された
著者加藤と知識城の担当者。知識城中心部の人工湖近くで
著者鈴木。中新広州知識城投資開発有限公司の受付で

国際の写真

めっきり退潮、韓国・慰安婦支援団体の「水曜集会」
米中対立激化は必然、日本も中国に妥協してはならぬ
台湾半導体企業のサイバー攻撃被害、裏に中国の影
なぜ中国の冒険主義は東シナ海で膨張するのか
ウーバー、カリフォルニア州でサービス一時停止か
米下院がついに対中強硬法案提出、台湾防衛へ本腰

本日の新着

一覧
花盛りの終活ビジネス、その遺言書は本当に必要か?
相続人に障碍者がいる人、ペットを世話している人に残すには
SOBANI編集部
米中対立激化は必然、日本も中国に妥協してはならぬ
香港の民主派逮捕はまるで天安門事件、あのとき対応を誤った日本
舛添 要一
台湾半導体企業のサイバー攻撃被害、裏に中国の影
半導体自給率引き上げのために国をあげてのサイバー攻撃実施中
山田 敏弘
大衆社会実現で縮小した所得格差、なぜ再拡大したか
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第51回)
玉木 俊明