朝鮮式山城、城柵、戦い方で変化してきた日本の城

教養として役立つ「日本の城」(17)
2020.5.12(火) 西股 総生 follow フォロー help フォロー中
生活・趣味歴史
シェア11
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
復元された鬼ノ城の城門(岡山県)。(撮影/西股 総生、以下同)
写真1:多賀城(宮城県)。8世紀、律令国家が蝦夷を支配するための軍事拠点として設置。平時は陸奥国を治める国府として機能した。(写真/アフロ)
写真2:胆沢城(岩手県)。坂上田村麻呂が802(延暦21)年に築き、後三年の役の頃まで約150年にわたり鎮守府として機能した。政庁地区回廊跡から東脇殿跡・正殿跡を望む。(写真/Wikipedia
写真3:吉野ヶ里遺跡(佐賀県)。弥生時代の環濠集落は、歴史的には日本の城の源流といえる。ただし、環濠集落の築城技術が、そのまま古代や中世の城に受け継がれていったわけではない。
写真4:鬼ノ城(岡山県)。石垣の一部は1300年をへて残っている。このような高度な土木技術は、当時の日本にはなかった。環濠集落とはまったく異なる技術によることが明らかだ。
写真5:鞠智城(熊本県)に復元された倉庫。東北の城柵官衙にも、同じような倉庫が建てられていたことだろう。
写真6:平安時代に入ると、山城の軍事機能は次第に失われていった。写真は鬼ノ城の倉庫跡。広大な城域内からは、このような礎石がたくさん見つかっている。
おまけ:古代史の解明には考古学的知見が欠かせない。考古学というと、メディアでは華々しい発見が取り上げられる。しかし、考古学とは膨大なデータをもとに、地道な検証を積み重ねて、はじめて事実が見えてくる学問だ。決して、一つの発見で何かが塗り変わるわけではないことを、覚えておこう。写真は大塚遺跡の竪穴住居跡。

ライフ・教養の写真

なぜルマン24時間は面白いのか? 2024年のレースが史上最多動員になった理由
男女の縁だけではない、縁結びのご利益最強の八重垣神社、神々の気配が色濃く感じられる場所
ソ連共産党はいかにして中国という共産主義国家を作ったのか?ソビエトロシアの世界戦略と毛沢東のキャリア形成
【球界再編20年・どうなるプロ野球】大谷フィーバーの陰で“地盤沈下”…地上波から巨人戦も消え、ファン層は高齢化
【エヌビディア時価総額世界首位】生成AI祭りの半導体株、英アームは年初来2倍 TSMC6割高…各国は巨額補助金合戦
「スポットワーク」が2200万人規模に急拡大…タイミーが開拓しメルカリも参入、スキマ時間の労働力が争奪戦に

本日の新着

一覧
【西田亮介が語る】なぜ、裏金問題は繰り返されるのか?政治家が資金の使途を絶対に明らかにしたくない理由
日本の「政治」大丈夫なんですか?(2)
西田 亮介 | 安田 洋祐
韓国のSK会長が世紀の判決「1兆ウォン離婚訴訟」上告へ
ドラマは続く・・・「計算間違い」で高裁が判決修正
玉置 直司
【球界再編20年・どうなるプロ野球】大谷フィーバーの陰で“地盤沈下”…地上波から巨人戦も消え、ファン層は高齢化
田中 充
「紅麹」健康被害は小林製薬の責任で済む話か?見ぬふりの医師と法律家の罪深さ
新潮社フォーサイト
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。