材料と付け合わせ、昭和のハンバーグはこう進化した

「栄養と料理カード」でたどる昭和レシピ(11)ハンバーグ
2019.11.15(金) 三保谷 智子
芸術文化
この写真の記事へ戻る
ハンバーグステーキ。ひき肉を主な具材にして焼くことで、肉汁のあふれる料理となる。
『栄養と料理』1954(昭和29)年2月号の「栄養と料理カード」。出来上がりは絵で表現。カードの表にも裏にも右下に食品の広告が入っている。
拡大画像表示
1960(昭和35)年1月号の「栄養と料理カード」は、初めてカラーになった第1号目。材料の肉は牛赤身のひき肉100%。やわらかく練ったバターに肉を加えて肉だねを作るのは、口当たりと風味をよくするためか。
拡大画像表示
1970(昭和45)年10月号「栄養と料理カード」。4人分を大皿に盛り合わせ、取り分けて食べる。大皿の周囲にサラダ菜を敷く盛りつけ方にも時代の流行を感じる。
拡大画像表示
1971(昭和46)年9月号。ミートローフは見栄えのよいパーティ料理になる。ここにも練りがらしが添えてある。
拡大画像表示
1975(昭和50)年12月号「誌上料理教室」より。ハンバーグステーキの材料やその割合、作り方、焼き方などを徹底的に分析。これは大量調理にも応用がきくデータになる。
拡大画像表示

ライフ・教養の写真

武田信玄と上杉謙信は一騎打ちをしたのか?
動物性愛者の本質に迫る真摯な姿勢と丹念な取材
投資も「万能包丁」から始めればいい
ムーミンバレーパーク初の冬イベント「WINTER WONDERLAND in MOOMINVALLEY PARK」開催
幕末に水洗トイレ初体験!驚き綴ったサムライの日記
「足切り」から考える記述式1次試験の不合理

本日の新着

一覧
創設70周年迎えたNATO、危機って何の危機?
地政学の激変期、米国が欧州から手を引けば中国の思うつぼ
Financial Times
シャレにならない監視社会に突入した中国の悪夢
生活は便利だけれど、SNSの書き込みは当局に筒抜け
姫田 小夏
ながらスマホが厳罰化でもなくならない根本的な理由
大きく変わった人とクルマの関係
桃田 健史
香港民主化運動、思わぬ国に飛び火
急増するシンガポールのホームレス、強権に頼る政策に限界も
末永 恵