『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅
1〜 20 21 22 最新

江戸時代の算学は過酷な自然災害との格闘で発達した

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第21回)
2019.9.25(水) 柳原 三佳 follow フォロー help フォロー中
歴史
シェア90
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
(写真はイメージです)
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)
富嶽三十六景「凱風快晴」
富士川、潤井川流域には、関孝和を祖とする関流算学を学んだ人々が多かった(『富士市史・下巻』より)。
拡大画像表示
元禄時代の古書『算法天元指南』の復刻版(慶応二年)より(筆者提供)

ライフ・教養の写真

浄土宗はなぜ人々を惹きつけたか?開祖・法然の教えと歴史、国宝「早来迎」「綴織當麻曼荼羅」など、ゆかりの名品
【定番名品シリーズ】万能にして洒落感も兼備する「ハイゲージニット」ならこの5つ、名門から日本の新鋭まで
「北海道」の名付け親である探検家・松浦武四郎とはどんな人?その偉業と、絵師・河鍋暁斎との意外なつながり
中学受験率が過去最高、激化する早期教育で子どもたちが危ない!先駆者、ソニー創業者の井深大が反省したワケ
「金利のある時代」に必ず知っておきたい住宅ローンリスク、期間選択型の固定金利は天井知らずに返済額が増える恐れ
【曹操・劉備・孫権の人心掌握術】曹操に見習う「若手を惹きつける力」

本日の新着

一覧
《分析「もしトラ」米国の政策》「EV普及策の廃止」に自動車メーカーは苦悩、バイデンのアキレス腱は「移民」
【後編】トランプ大統領返り咲きで「貿易」「環境」「移民」はどうなる?
水野 亮
米大統領選の台風の目、ロバート・ケネディJrは「トランプ別動隊」か
共和党支持者からも多額の資金、バイデン票削りに貢献
高濱 賛
今度は亜細亜大の中国人教授が中国で“失踪”、中国共産党の権力抗争に巻き込まれた可能性も
中国共産党序列4位とパイプ、日本人学生対象にプロパガンダ活動歴も
吉村 剛史
《分析「もしトラ」米国の政策》日本の貿易はどうなる?北米域内調達ルールはさらに厳格化も
【前編】トランプ大統領返り咲きで「貿易」「環境」「移民」はどうなる?
水野 亮
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。