どーしょーるん
1〜 21 22 23 24

G7サミット開催の「事実」アピールに執心の広島市、核抑止論に利用された痛恨の現実は直視せず

【どーしょーるん】「来訪者が増えた理由はサミット効果」ファクトもなくそう主張する必死さ
2024.6.6(木) 宮崎 園子 follow フォロー help フォロー中
地方自治時事・社会
シェア8
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
(beauty-box/Shutterstock.com)
自民党政治刷新本部の座長を務める鈴木馨祐衆議院議員(写真:共同通信社)
記者会見する松井一實広島市長(筆者撮影)
G7広島サミットが開幕し、第1セッションに臨む(手前右から時計回りに)岸田首相、バイデン米大統領、ドイツのショルツ首相、英国のスナク首相、EUのフォンデアライエン欧州委員長、EUのミシェル大統領、イタリアのメローニ首相、カナダのトルドー首相、フランスのマクロン大統領=昨年5月19日(写真:共同通信社)
G7広島サミット記念館の外観(筆者撮影)
G7広島サミット記念館の内部(筆者撮影)
原爆資料館を出る(右から)岸田首相とバイデン米大統領(左隣)ら。資料館の外壁ガラスには白いシートが貼られていた=昨年5月19日、広島市の平和記念公園(写真:ロイター=共同)

国内の写真

シャブにまみれたオンナたち
日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本

本日の新着

一覧
【ホストクラブ高額請求問題の現状】反対運動はするけれど、ホストクラブの自浄作用に任せる新宿区の見守りスタンス
【StraightTalk】新宿区長と青母連、全く異なるそれぞれの見解と主張
長野 光
Googleマップにもくっきり、中国製盗聴装置に狙われる沖縄海底ケーブルは「丸裸同然」
吉村 剛史
気候変動で「溶けている」とされるアラスカの氷河、見に行ったらそこは石油王国だった
石油、天然ガス…化石燃料で成り立つアラスカ経済の現実
杉山 大志
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。