わずか1分で切符は完売、もてなしはカップ麺のローカル夜行列車はなぜ人気に

【中編】えちごトキめき鉄道・鳥塚亮社長に聞く鉄道再生術
2023.3.19(日) 池口 英司 follow フォロー help フォロー中
経営マーケティング地域振興経済物流・運輸生活・趣味
シェア163
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
えちごトキめき鉄道が企画した夜行列車には老若男女さまざまな乗客が、いつもと違う鉄道の良さを味わった(写真提供:えちごトキめき鉄道、以下も)
鳥塚亮(とりづか・あきら)氏 1960年生まれ東京都出身。元ブリティッシュ・エアウェイズ旅客運航部長。2009年に公募で千葉県のいすみ鉄道代表取締役社長に就任。ムーミン列車、昭和の国鉄形ディーゼルカー、訓練費用自己負担による自社養成乗務員運転士の募集、レストラン列車などをプロデュースし、いすみ鉄道を一躍全国区にし、地方創生に貢献。2019年9月、新潟県の第三セクターえちごトキめき鉄道社長に就任。NPO法人「おいしいローカル線をつくる会」顧問
県庁所在地を通らないえちごトキめき鉄道は集客のアイデアが問われる
直江津駅のホームに設置した自習室。通学に利用する高校生を対象としたサービスだ
夜行列車で思い思いのひとときを過ごす乗客
新潟県鉄道発祥の地である直江津に鉄道テーマパークを開いた
2016年から走らせているリゾート列車「えちごトキめきリゾート雪月花」

地域の写真

都知事選の争点「少子化対策」が厄介な理由、他県との格差拡大で“東京一極集中”がますます加速する皮肉な事態も
乗客減のローカル線、魅力はこう磨く!廃線から劇的復活「ホームで乾杯」「両側乗降」イタリアの鉄道に学ぶ先行投資
廃線から14年…イタリア山間部のローカル線“大復活”のワケ 「乗客27倍」「新型車で利便性アップ」ナゾを徹底解剖
再選狙う小池都知事がぶち上げていた「満員電車ゼロ」「多摩格差ゼロ」の鉄道整備計画は本当に実現できるのか?
子どもの後継者が急減!中小企業の事業承継「息子に継ぐ」が4割未満に、後継者難・高齢化で経営者が伝えるべきこと
球磨川の治水計画、まるで「107.5mのダムを造ることが目的」かのよう、これでは流域住民の命は守れない
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。