中国テック企業中核人材が直面する「35歳の転機」

技術革新、若手との競争、期待される成果の波を受け
2021.2.23(火) 加藤 勇樹 follow フォロー help フォロー中
中国IT・デジタルIT・通信
シェア0
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
メッセンジャーアプリWeChatの開発が始まった場所に立つ記念碑(2018年筆者撮影)
テンセントなどのテクノロジー企業が集中する、深圳南山科技園にて。夜10時だが、退勤する人で人通りが多い(筆者撮影)

国際の写真

イラン革命防衛隊はなぜ米国で「テロ組織」と呼ばれるのか?英国で指定めぐり議論再燃、TVキャスター襲撃疑惑も
「アメリカは大悪魔」イランが米国を敵視するワケ、革命防衛隊は軍事に加えて住宅や石油などビジネスで巨額利益も
イスラエルと米国の外交政策、バイデン大統領を悩ますジレンマ
中国日本商会の画期的改革から1年、進み始めた投資環境改善
ニューヨークで始まったトランプ裁判に全米注目、早くも支持率に微妙な変化
「プーチン見ているか!戦火に生きる市民の現実を」直視しがたくも必見のドキュメンタリー『マリウポリの20日間』

本日の新着

一覧
手塚治虫、貸本マンガ、劇画、「ガロ」と「COM」、マンガはいかに進化し、世界に誇るコンテンツになっていったのか
【著者に聞く】『第二次マンガ革命史 劇画と成年コミックの誕生』の作者・中川右介が語る日本マンガ史
長野 光
『女帝』熱愛報道の嘘と小池都政の空虚な精神構造
自己宣伝最優先で地道な課題は忌避、都政を混乱させた4年間【JBpressセレクション】
舛添 要一
ニューヨークで始まったトランプ裁判に全米注目、早くも支持率に微妙な変化
冒頭から「公平かつ先入観のない陪審員12人」選びで難航
高濱 賛
イスラエルと米国の外交政策、バイデン大統領を悩ますジレンマ
ギデオン・ラックマン
Financial Times
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。