スカーッと分かる! 量子の世界の「傷跡」とは

量子力学の正統的な研究をガチで解説してみる
2020.6.4(木) 小谷 太郎
宇宙・物理学術
この写真の記事へ戻る
英ブリストルの施設で開催された光と振動で魅せるアート。粒と波の両方の性質を持つ量子の世界に残す「傷跡」とは。(写真:SWNS/アフロ、2016年10月撮影)
量子力学のスピンを測定すると、上向きか下向きのどちらかになる。
量子多体傷跡状態のイメージ。東京大学のプレスリリースより引用。

科学の写真

恐れていた感染第2波、正体は感染力を増したG系統
日本人医療ボランティアが見たNYの医療崩壊
高慢の鼻をへし折られた米国と英国
まだ第1波の序の口にあるグローバル・コロナ
日本では900万人が居眠り運転している?
プラスチックごみのリサイクルは資源の無駄だ

本日の新着

一覧
13歳の少年が静かに見せた「人の美しさと強さ」
病に冒され亡くなったかれは、両親への感謝だけを語った
勢古 浩爾
世界経済、コロナ後の回復の行方
一部の国で底入れの兆し、脆い消費マインドに要注意
The Economist
コロナで出現「老人は治療受けられぬ社会」を考える
「姥捨て山」の如きトリアージ、高齢者は甘受せねばならないのか
盛永 審一郎
日本人医療ボランティアが見たNYの医療崩壊
実録・新型コロナウイルス集中治療の現場から(第8回)
ヒューモニー