モーツァルトの散歩とAIの意外な関係

21世紀の新しい自由7学科「STREAMM」
この写真の記事へ戻る
オーストリアのザルツブルクに残っているモーツァルトの家
振り子の周期測定の予備実験に参加する東京藝術大学の弦楽器専攻生たち
ゴルフボールとハトメで作った「ジンヨン振り子」
あらかじめ都合のよい方眼紙を作って与えるのは、短時間に子供が迷わず、ポイントに到達するための便宜で、そんなに良いことではない。
東大生、藝大生が協力しあって中学・高校生向けのカリキュラムを考える。写真は、歩行速度から算出された腕長の振り子を見ながらモーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジークの「アンダンテ」を「歩けるアンダンテ」で演奏する藝大生たち。
演奏の様子 @ダイワユビキタス学術研究館石橋ホール Photo:北澤華蓮(ヴァイオリン)
修了証書の授与は藝大生と東大生が交互にプレゼンターとなって行った。生徒たちのみならず、18~20歳を中心とする、若い先生たちにも良い経験と美しい思い出になれば、また未来の指導者に育ってくれれば何よりと考えている。

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由

本日の新着

一覧
自分の人生の閉じ方、何をどう決めておけばよいのか
緩和ケア医に聞く、人生の最終段階を考える「人生会議」(前篇)
坂元 希美
東京五輪延長、マラソン代表はこのままでいくべきか
悩ましい代表選手の選考問題、1年の間に成長する若手も
後藤 健生
GMとEV共同開発、生き残りたいホンダの悲しき選択
ホンダはお化粧と仕上げだけ、それでも手を組むしかない
桃田 健史