地方交通の「復活」を期待させる2つの潮流

「デマンド・バス」と「市町村による公共交通網の再整備」
2020.2.14(金) 有井 太郎
地域経済
この写真の記事へ戻る
國學院大學法学部教授の高橋信行氏。東京大学法学政治学研究科博士課程修了(公法)・行政法専攻。今まで、警察庁の第二種免許制度に関する有識者会議や高齢者講習に関する研究委員会などに参加し、現代の道路行政に関する問題へ研究者としての知見を提供してきた経験を有する行政法の専門家。
茅野市ウェブサイトより抜粋
https://www.city.chino.lg.jp/soshiki/chiikisenryaku/1075.html

地域の写真

中止?建設?翻弄された八ッ場ダム、ひっそりと完成
日本の技術でロシアの感染者数が“急増”
コロナ危機に大胆な経済対策を!新・首都機能移転論
地方の交通を変えるために「住民」は何をすべきか
土中の水道管「可視化」がもたらす破壊的インパクト
地方の負のスパイラル、宇都宮はLRTで逆転できるか

本日の新着

一覧
生か死か経済か、コロナが突きつける容赦ない選択
パンデミック対策の過酷な計算、トレードオフは避けられない
The Economist
韓国に思う、新型コロナ完全克服の難しさ
気軽に出歩ける風潮に、心配になるソウル市民の気の緩み
平井 敏晴
英国の首相と皇太子がコロナに感染してしまった理由
「マスクをしない」だけではない、日本とは異なる”習慣”
黒木 亮
不買運動続く韓国で、なぜか大ヒットの日本製品
新型コロナウイルスより厄介な韓国人の日本嫌い
アン・ヨンヒ