香港問題よりもアリババ大セールが気になる日本企業

東アジア「深層取材ノート」(第11回)
2019.11.15(金) 近藤 大介
中国IT・通信
この写真の記事へ戻る
香港でデモに参加した大学生が警官隊に撃たれた11月11日、中国はアリババの「双十一」の大セールに沸いた。写真は同日午前1時過ぎに取引額が1000億元に達した瞬間のディスプレイ(写真:AP/アフロ)
『ファーウェイと米中5G戦争』(近藤大介著、講談社+α新書』

国際の写真

めっきり退潮、韓国・慰安婦支援団体の「水曜集会」
米中対立激化は必然、日本も中国に妥協してはならぬ
台湾半導体企業のサイバー攻撃被害、裏に中国の影
なぜ中国の冒険主義は東シナ海で膨張するのか
ウーバー、カリフォルニア州でサービス一時停止か
米下院がついに対中強硬法案提出、台湾防衛へ本腰

本日の新着

一覧
花盛りの終活ビジネス、その遺言書は本当に必要か?
相続人に障碍者がいる人、ペットを世話している人に残すには
SOBANI編集部
台湾半導体企業のサイバー攻撃被害、裏に中国の影
半導体自給率引き上げのために国をあげてのサイバー攻撃実施中
山田 敏弘
米中対立激化は必然、日本も中国に妥協してはならぬ
香港の民主派逮捕はまるで天安門事件、あのとき対応を誤った日本
舛添 要一
B29搭乗員を処刑、「戦犯」だった父の胸中
戦後75年、戦争を起こさないためには何が必要か
吉田 典史