2万5600光年の彼方、銀河中心で何が起きている?

銀河中心のモンスター、超巨大ブラックホールが活性化
2019.9.5(木) 小谷 太郎
宇宙・物理学術
この写真の記事へ戻る
銀河中心を仲良く観測するケック望遠鏡(左)とすばる望遠鏡(右)。補償光学用のレーザーが光っている。(今回紹介するデータの取得時に撮影された写真ではありません。)
(提供:W. M. Keck Observatory/Sean Goebel)
(提供:W. M. Keck Observatory/Sean Goebel)
天の川銀河中心の超巨大ブラックホールSgr A*を周回する恒星の群れ。ケック望遠鏡による1995年~2018年のデータ。
(提供:UCLA Galactic Center Group - W.M. Keck Observatory Laser Team. This image was created by Prof. Andrea Ghez and her research team at UCLA and are from data sets obtained with the W. M. Keck Telescopes.)
【画像をクリックして動画を再生】 超巨大ブラックホールSgr A*の赤外線放射の時間変化。2.5時間を圧縮。ケック望遠鏡で2019年5月13日(協定世界時)に撮像。 (提供:杜亨駿(Tuan Do))

科学の写真

志村けんの訃報が教えるパンデミックの現実
兵士に代わり「社会のヒーロー」になった医療従事者
全米に広がる感染爆発、セントラルパークは病院に
新型コロナ対策:外出自粛効果はどれだけあるのか
平安貴族に学ぶパンデミック対策
日本の技術でロシアの感染者数が“急増”

本日の新着

一覧
中台関係をも揺るがす米海軍艦艇の「コロナ蔓延」
東アジア「深層取材ノート」(第28回)
近藤 大介
全米に広がる感染爆発、セントラルパークは病院に
新型コロナウイルスの脅威を甘く見過ぎたトランプ大統領
堀田 佳男
新型コロナ対策:外出自粛効果はどれだけあるのか
SIRモデルのシミュレーションが如実に示す対策法
桜井 進
コロナ経済危機がリーマンショックを超える理由
リーマンショックとは異なる“震源地”、財政出動の成否は?
花園 祐