ボリス・ジョンソンは「英国のトランプ」に非ず

インテリで育ちもよし、人気もあるが、EU離脱の道はなお険し
2019.7.27(土) 舛添 要一
ヨーロッパ
この写真の記事へ戻る
2011年11月、ロンドン市長時代のボリス・ジョンソン氏。戦没者追悼記念日のイベントで「ボリス・バイク」に跨る(写真:Photoshot/アフロ)

国際の写真

新型コロナウイルスは生物兵器になり得るのか?
日本超えた韓国の感染者、背景に新興宗教信者の暴挙
米司法長官、グーグルやFBなど保護の法律を問題視
「ノージャパン」に新型肺炎で全役員辞表まで
中国、異例の全人代延期で“責任者”探しの泥沼へ
ドイツ次期首相の最大の課題は経済衰退

本日の新着

一覧
サッカー界に衝撃、英国老舗クラブの罪に厳しい処罰
マンチェスター・シティが違反した「ファイナンシャル・フェアプレー」とは
後藤 健生
新型コロナウイルスは生物兵器になり得るのか?
致死率が低くても敵の戦力を低下させることは可能
数多 久遠
懲戒解雇と諭旨解雇、同じ「クビ」でもこんなに違う
誰にもある懲戒解雇のリスク、もし我が身に降りかかったら
尾藤 克之