ボリス・ジョンソンは「英国のトランプ」に非ず

インテリで育ちもよし、人気もあるが、EU離脱の道はなお険し
2019.7.27(土) 舛添 要一
ヨーロッパ
この写真の記事へ戻る
2011年11月、ロンドン市長時代のボリス・ジョンソン氏。戦没者追悼記念日のイベントで「ボリス・バイク」に跨る(写真:Photoshot/アフロ)

国際の写真

創設70周年迎えたNATO、危機って何の危機?
韓国SKグループ揺るがす会長の「1兆ウォン離婚訴訟」
ながらスマホが厳罰化でもなくならない根本的な理由
シャレにならない監視社会に突入した中国の悪夢
香港民主化運動、思わぬ国に飛び火
王毅外相、「韓国での傍若無人」が示す中国の底意

本日の新着

一覧
サンプラザが死んだ!公約は破棄され選挙前の状態に
サンプラザは前区長の案と同方向に。現区長は説明責任を果たせ
尾藤 克之
ながらスマホが厳罰化でもなくならない根本的な理由
大きく変わった人とクルマの関係
桃田 健史
武田信玄と上杉謙信は一騎打ちをしたのか?
川中島の戦いを史実はどう伝えたか。戦国時代の謎と真実に迫る(8)
小和田 泰経
創設70周年迎えたNATO、危機って何の危機?
地政学の激変期、米国が欧州から手を引けば中国の思うつぼ
Financial Times