前人未到のはやぶさ2チーム、着地成功の3つの要因

「だから宇宙探査は面白い」、はやぶさ2が拓く未来
2019.3.1(金) 林 公代 follow フォロー help フォロー中
研究開発宇宙・物理
シェア177
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
小惑星探査機はやぶさ2着陸成功後の会見で。右から2人目が津田雄一プロジェクトマネジャー。(筆者撮影)
初代はやぶさのメンバーだったJAXA橋本樹明教授。(筆者撮影)
問題が起こると対等に議論を戦わせる管制チーム。22日朝6時ごろ。(提供:ISAS/JAXA)
探査機が上昇したことを確認、抱き合う津田プロマネと佐伯孝尚プロジェクトエンジニア(提供:ISAS/JAXA)
タッチダウン約1分後、高度約25mから撮影された画像。右図の紫色のエリアはタッチダウン予定地点。矢印の先の白い点がターゲットマーカー(提供:JAXA、東京大など)
拡大画像表示
着陸後会見で、火工品の温度データを示す津田プロマネ。着陸時刻(指先が示すところ)で温度が上昇していることが分かる。(筆者撮影)
「はやぶさ2」プロジェクト関係者の集合写真。(提供:ISAS/JAXA)

国内の写真

シャブにまみれたオンナたち
日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本

本日の新着

一覧
《2025年問題の衝撃⑤》窃盗からわいせつまで「超高齢者犯罪」が頻発するシルバー危機社会の深刻度
山田 稔
【どうなるトランプトレード】円高/円安?恩恵は石油メジャーよりあの業界に?移民抑制でNISAの資産運用に転機も
第一生命経済研究所・藤代宏一主席エコノミストに聞く
河端 里咲 | 藤代 宏一
トランプとハリスと恐怖をあおる選挙戦、有権者を一番怖がらせた党が勝ち――ギデオン・ラックマン
Financial Times
「タイミー」で50回副業したおじさんに聞いたリアルな感想
【令和版おじさんの副業NEO】スポットワークで飲食の洗い場
若月 澪子
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。