ゲスな女には不倫のロマンスがありあまる?

この3冊を読んでいたら、あの騒動は防げたかもしれない
記事へ戻る
『はじめての不倫学 「社会問題」として考える』(坂爪真吾、光文社、820円、税別)
『ゲスな女が、愛される。 あっという間に思い通りの恋愛ができる!』(心屋仁之助、廣済堂出版、1200円、税別)
『ヤバいLINE 日本字が知らない不都合な真実』(慎武宏・河鐘基、780円、税別)

ライフ・教養の写真

カレッタ汐留のイルミネーション、今年のテーマは「アラビアンナイト」
ロンドンで観た音楽継承の儀式
資産運用はいつやめる?やめ方は始めるより難しい
制約だらけ汚染だらけ、DNA鑑定の知られざる真実
日本が救世主に!世界のトイレ問題はこんなに深刻だ
長生きする食事、結論は「好きなものを食べろ!」