業務のシステム化やAIの普及に伴い、これまで以上に機密性の高いビジネス、個人、財務データへのサイバー犯罪の脅威が迫っています。その中でもフィッシング詐欺の脅威は年々高まっており、サイバー犯罪者の手法はより巧妙化しているため、検出やブロックが難しくなっています。企業が成長し続けるためには、利便性を損なわず、ガバナンスを強化するセキュリティ対策が必要不可欠です。本資料では、最新のフィッシングの傾向や見解と、進化し続ける手口から組織を保護するためのベストプラクティスを紹介します。

資料をダウンロードいただいた方から先着120名様限定で書籍(非売品)もプレゼント】

資料『2023年版フィッシングレポート』

書籍『効果の高いゼロトラストアーキテクチャーの7つの要素』
効果の高いゼロトラストアーキテクチャーに必要な7つの要素を知り、ゼロトラストの取り組みを成功させるための段階的なアプローチを解説した163ページにわたる非売品書籍を先着120名にプレゼント。

~資料ダウンロードはこちら~

 調査によると、フィッシング攻撃は前年比で47.2%増加しており、最も標的とされた業界は教育業界でした。フィッシング攻撃者は金融機関、政府サイト、生産性向上システムなど有名ブランドになりすますことで、消費者の傾向を悪用し、脆弱な消費者を欺きます。

※2022年業界別のフィッシング攻撃の状況(レポートより抜粋)

 フィッシング詐欺は、年々、より巧妙な戦術や高度なアプローチをしています。近年は AI 技術の進歩により、より本物に近いアクセスポイントを作成することが可能になりました。組織やセキュリティ担当部門が攻撃の一歩先を行くには、脅威の最新のトレンドを常に把握することが重要です。

※ChatGPTが生成したフィッシングページ

 このように年々進化するセキュリティ攻撃の手口ですが、2024年にはどのような脅威が増していくのでしょうか。予測では、さらにAI を活用した効果的な攻撃を大規模なグループに仕掛けることも考えられるため、フィッシング詐欺の急増にも備える必要があります。また、パーソナライズ化された攻撃が増え、ユーザーがフィッシング攻撃を特定して回避することはより一層難しくなると考えられます。

 一度セキュリティ事故を起こしてしまうと、金銭的な損失だけでなく、企業の評価にも大きなダメージがあります。フィッシングの脅威を完全に排除することは現実的ではないものの、組織が被害に遭う可能性を低くすることは可能です。本資料では、フィッシング詐欺の脅威についての傾向、その対策についてベストプラクティスをまとめています。セキュリティ対策担当者はもちろん、経営者、各部門の責任者は一読することをお薦めします。

【期間限定:資料ダウンロード】
巧妙化するサイバー犯罪 予測される2024年のさらなる脅威とは
~2023年版 フィッシング レポート~

上記ダウンロードボタンより、フォームに必要項目をご入力後、
「個人情報取り扱い同意書」をご確認の上、
「登録内容を確認する」をクリックしてください。

~書籍プレゼント 募集要項~

・定員に達し次第終了とさせていただきます。発送をもってお知らせとなりますので、プレゼントの残数の確認などにはご対応できかねます。予めご了承下さいませ。
・キャンペーンは予告なく変更となる可能性があります。
・登録内容に不備や虚偽の内容がある、競合製品やサービスを取扱いの企業様の登録など、お申込みを承諾できないと判断した場合にはプレゼントの対象外とさせていただく場合がございます。
・プレゼントの発送は「日本国内」「1名様1冊のみ」に限らせていただきます。
・発送はお申し込みいただいてから順次3~5週間後の発送を予定しております。また、都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承ください。