文=松原孝臣

アイスダンス「あゆしん」高浪歩未・西山真瑚組の新たなスタート(第1回)

男子シングルに出場していた西山真瑚。写真は2019年全日本ジュニア選手権でのもの 写真=アフロスポーツ

大事なのはコミュニケーション

 今シーズンからパートナーとなり、フィギュアスケート・アイスダンスでシニアデビューを飾る高浪歩未と西山真瑚。

 今までもアイスダンスと向き合う中で奥深さを感じてきた。高浪は語る。

「トップ選手を見たら簡単そうに一緒に滑っているなと思っていました。でも実際やってみると、足の向きや手の指先の方向とか位置を気にしないと、一体感を出せません。一方で、できないときに話し合ってできる方向に進んでいくとき、実際にできたときの楽しさ、成長していく上で2人でコミュニケーションをとりながらできる楽しさがあります」

 西山はアイスダンスの難しさを語った。

「アイスダンスを始めて、技術的にも一緒に合わせて至近距離で滑る難しさを感じました。コミュニケーションも大事な競技です。自分の感じている思い、こうしてほしいという思いを相手に伝えるのが難しいところだと思っています」

 共通するのはコミュニケーションという言葉。はた目には優雅に見えても、距離の近いところで滑り、エレメンツ(要素)を入れつつ表現するのは簡単ではない。作品を創り上げ、演じ切るには両者の呼吸が大切であり、だからこそ、コミュニケーションは欠かせない。でもお互いの「個」があるから難しくもあり、難しいからこそ、そこで充実も得られる。

 コミュニケーションの重みを知る2人がパートナーとなる直接のきっかけとなったのは、今年2月に西山が新たなパートナーをみつけるために実施したトライアウトだった。

 何人かの選手と滑る中に高浪もいた。

「一緒に滑っていて自分がすごく滑りやすいな、心地いいな、と思える選手が歩未ちゃんでした」

 トライアウト以前から高浪に好印象を抱いていたことも大きかっただろう。昨夏、バッジテストのとき、高浪に手伝ってもらったことだ。

「自分があまりうまくできていない部分をカバーしてもらえたというか、助け合うというか、そういう部分を感じていました」

 トライアウトで高浪の印象が強かった理由がもう1つある。高浪は言う。

「自分を出していかないとちゃんと自分を伝えられないと思ったので、率直に意見などを言っていました」

 だから西山も「わりと踏み込んだトライアウトができていました」と振り返り、こう続ける。

「トライアウトの時点でわりと踏み込んで話をできていたので、悪い意味ではないですが、一緒に練習してから印象がそんなに変わったり、新たに発見があったというところには至っていない感じです」

 さらに続ける。

「プログラムを作っていく中で実際にお互いに足りない部分を感じることが出てくるときには、『ここは歩未ちゃん、もっとこうしてほしい』と話すと、一生懸命できるように頑張ってくれる。うるさい、みたいな感じで返ってこないので、勇気を持って伝えてよかったなといつも思います」

 

目標は2026年ミラノ・コルティナオリンピック

リモートでの取材を受ける西山真瑚、高浪歩未

 2人が目標に据えるのは、2026年ミラノ・コルティナオリンピック出場だ。だから結果を残していきたいと言う。そして結果を出したいと言うのには、別の思いもある。

 高浪は語る。

「常にどこに行っても、小さい子たちの見本になれるように1つ1つの行動が大切だと思います。まだそういう立場じゃないけれど、自分たちに憧れてアイスダンスをしたい、続けてみたいと思ってもらえる選手になりたいといつも思っています。だからこそ1つ1つの試合、国際試合だったりオリンピックだったり、日本国内だけじゃなく世界中に伝えられる魅力のあるチームとして、結果を残さないといけないと思います」

 西山はこう語った。

「髙橋大輔選手だったり羽生結弦選手が男子シングルをここまで人気スポーツにしたように、自分たちがアイスダンスのそういったきっかけを作る選手になりたいと思っています。そのためには結果も必要だと思います。

 アイスダンスをやろうと思う男の子が国内だとまだ少ないです。(拠点とする)クリケットクラブでシングルとアイスダンス両方やっている選手をたくさん見て、シングルもやっているけれどダンスもこんなにできるんだ、両競技を平行していくことのメリットを知りました。シングルも上手だけどダンスもカナダの代表レベルでやっている選手もいて凄いなと思ったり、カナダというアイスダンス大国でアイスダンスがかっこいい競技なんだと痛感したので、結果を出すことと同時に自分を見て、やりたいと思ってくれる男子選手が増えたらいいなと思っています」

 アイスダンスの普及と認知度を向上させるためにも、活躍を期す。アイスダンスは2人で滑るためスペースを必要とし、国内では練習するためのリンクに苦労したり、活動資金の面で恵まれない状況がある。その改善にも、結びついていくはずだ。

 思いを等しくする2人に、自身の特徴と、パートナーの印象を尋ねた。西山は照れたような笑顔で語った。

「自分の特徴なのかな、と思うのは笑顔でしょうか。演技をしているときは、観ている人に楽しかったな、とか、幸せな気持ちになってもらいたいと常に思っています。笑顔と言ってもいろいろな笑顔があると思いますが、演技中も笑顔はすごく意識しているので、ポイントは笑顔にあるのかなと思っています。(高浪は)優しさや思いやりがあって、今回の隔離期間もすごく心配してくれたし、自分のことを気にかけて滑ってくれます」

 高浪も笑みを浮かべた。

「(西山の)笑顔とかポジティブなところを尊敬しています。新しく会った人にも笑顔だし、朝早い練習でも嫌な顔をしません。組んでいて楽しくいつも練習できています。自分自身はいい意味でも悪い意味でも、何かをやると決めたら最後まで全力で尽くしたいというタイプなので、例えばスケートの練習ができなかったらどうすればいいかと常に考えています」

 思い描く目標を形にするために。どこまでも道を拓いていくために。

 これからに目を向ける2人の笑顔は、広がる未来を思わせた。