日本でも注目度が高まるフィギュアスケート・アイスダンスで、新カップルが誕生。ともに大学2年の高浪歩未(たかなみあゆみ)、西山真瑚(にしやましんご)組は、今年の3月14日にそれぞれのSNSでカップル結成を発表し、シニアデビューシーズンに向けて準備を準備を始めています。結成の経緯からコロナ禍での練習、今後の目標など伺いました(全2回)。

文=松原孝臣

高浪歩未・西山真瑚組

入国時のトラブルで得られたもの

 笑顔が何度もこぼれた。未来を語る表情は明るさにあふれていた。

 フィギュアスケート・アイスダンスの世界で、高浪歩未と西山真瑚は新たなスタートを切った。

 今年3月14日にパートナーとして歩んでいくことを発表。シニアデビューシーズンへ向けて準備を進めてきた。

 現在、2人はカナダにいる。6月下旬に日本を旅立ち、以前から西山が拠点としていたトロントの「クリケットクラブ」で練習をスタートするためだ。

 ただ思わぬことが起きて予定通りとはいかなかった。

 西山は語る。

「カナダ政府は海外からの入国者に14日間の隔離を求めています。入国して1回目のPCR検査を受け、隔離期間中の8日目に検査します」

 ところが検査結果が届かなかった。14日目に検査会社に連絡すると、「ラボであなたのキットはなくなりました。もう1回キットを送るのでお願いします」と言われた。

 あらためて送ったが、なかなか結果が出ない。

「普通はラボに届いて72時間以内に結果が出るそうですが、結局5日間くらい待つことになってしまいました」

 ようやく結果が届いて隔離期間は終了した。

「最後の3日間は検査会社に問い合わせたりカナダ保健省に連絡したりじたばたしましたが、ある意味そのおかげで英語で電話をすることに躊躇しなくなりました」

 大変だったであろう出来事を、楽しそうに語る。その表情と言葉に、人柄が表れているようだった。

 スムースに14日間で終了した高浪は、3日間クリケットクラブで練習し、振り付けのためにバンクーバーに一足早く移動した。

「やれることはやっていたけれど、パートナーがいないのは寂しいと思っていました」

 穏やかな笑顔を見せる。

 計画通りではなかったが無事合流し、2人そろっての振り付けは始まった。

 

おもちゃのフィギュアと勘違い?

 西山は現在19歳、高浪は20歳。学部は異なるが、早稲田大学に在学する。

 2人はそれぞれの場所でそれぞれにきっかけを得てスケートを始め、アイスダンスへと進んだ。そしてこれからを担うであろう期待も寄せられている。

 高浪はアメリカでフィギュアスケートと出会った。

「母の仕事の関係でアメリカに3年ほどいました。小学3年生の頃、お母さんに『スケートリンクに行ってみない?』と誘われました」

 それがスケートとの出会いになり、デトロイトスケーティングクラブで練習に励んだ。その頃からアイスダンスに触れていた。

「パートナーはいなかったけれど基礎のパターンダンスなどはシングルと並行してやっていて、4、5年生くらいからはダンスのレッスンも受けていました」

 帰国してからもスケートを続けていると、コーチから「アイスダンスをやってみない?」と声をかけられた。

「アイスダンスの経験があるコーチで、アメリカで習っていたのを知っていましたし、私がスケーティングが好きなのを知っていたからだと思います」

 パートナーがみつかり、滑ってみてアイスダンスの魅力を知った。

「2人だから伝えられるストーリー、プログラムに楽しみが湧いてきて、シングルよりもやりたいな、と思いました」

 中学2年生で初めて全日本ジュニア選手権に出場。それも合わせてアイスダンスでは女性スケーターとして史上最多の5回、同選手権に出ていることがアイスダンスのキャリアを物語る。アイスダンスの選手層の薄い日本では貴重な経験だ。最初に組んだパートナーとは異なるが、世界ジュニア選手権やジュニアグランプリシリーズにも出場している。

 西山は自身の来歴をこう語る。

「家族でスケート教室に行ったとき、そこにいたコーチの方に『君、フィギュアをやってみない?』と声をかけていただきました。そのときはフィギュアスケートの存在を知らなくておもちゃのフィギュアと勘違いをしていました。『この先生が一緒にフィギュアで遊んでくれるんだ』と思って、『やります』と言いました(笑)」

 勘違いから始めたフィギュアスケートだったが、やってみると楽しくて、続けてきた。

 全日本ノービス選手権(ノービスB)で優勝するなどの成績を残し、中学3年生の冬にクリケットクラブに移った。

 平昌オリンピックが終わったあとのことだ。クラブのアイスダンスのコーチであり、高浪と西山のコーチでもあるアンドリュー・ハラムから声をかけられた。

「日本はシングルが強いのに団体でメダルを獲れないのはカップル競技の弱さが原因にあるから、もし君がアイスダンスをやったら団体戦で貢献できると思う。やってみたら?」

 そのときを振り返りつつ、西山は語る。

「表現、スケーティング、ステップが好きで、ジャッジの方などにも表現やスケーティングを評価していただいていました。そういうところから向いているのではないかと思われたのかもしれません」

 そのシーズンの初めに怪我をしてシングルの大会に出場することができなかったこともあり、「トライしてみよう」と踏み切った。

 パートナーの紹介を受け、2019-2020シーズン、シングルも継続しつつアイスダンスに参戦。ユースオリンピック混合団体で優勝、世界ジュニア選手権では日本歴代最高位を獲得した。

 期間に長短はあっても、それぞれにアイスダンスに取り組んできた2人は、高浪が2020年2月にそれまでのパートナーとの関係を解消し、西山は今年1月に解消に至った。

 パートナーがいなければ、アイスダンスは始まらない。

 そして、高浪と西山は、出会った。(続く)