IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.26

IoTで新たな収益源を作る5つのアプローチ
実践!IoTを使った現場改善(第9回)

BY

ハーレー・ダビッドソンはユーザーごとの「カスタム化」をさらに進めるため、工場にIoTを取り入れた(写真はイメージ)

 日本能率協会コンサルティング(JMAC)では、IoTデバイスを使いこなす強い現場づくりを目指すために「現場IoT7つ道具」を提唱している。

 今回は指向を変えて、IoTを活用したビジネスモデル構築についてお伝えしたい。IoT活用が売上げ向上や新たなビジネスおよびビジネスモデルの創造に結びついているのかは、言うまでもなくきわめて重要な視点である。

 ハーバードビジネスレビューの調査によると、欧米では「IoTは何に寄与するか」という問いに対して「新たな収益源」と答えた経営者が約6割に達する。それに対して、日本では「オペレーションの向上」と答えた経営者が6割だという。この認識の違いには驚くが、日系企業にとって新たな収益源が必要であることは言を俟たない。今後、IoT活用の目的として、オペレーション向上のみならず新たなビジネスおよびビジネスモデルの創造にも焦点を当てていくべきだろう。

新たな収益源をつくる5つのアプローチ

 新たな収益源を作って売上を拡大するモデルには、いくつかの方向性が考えられる。

 既存ビジネスの範囲中で競争力のあるQCDを実現し、顧客に価値を提供していくアプローチ、新たなビジネスモデルを構築し、顧客へ新たな価値を提供することでビジネスを拡げていくアプローチなどである。

 それらを整理すると、以下の5つのアプローチが考えられる。

(1)マスカスタマイゼーション型
(2)カスタマーオペレーションモニタリング型
(3)スマートプロダクト型
(4)バリューエクステンション型
(5)スマートマッチング型(シェアリングエコノミー)

IoT/ICTを活用した売上拡大のための5つのアプローチ
拡大画像表示
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ドローンをあらゆる角度からセキュアに、「ドローンセキュリティガイド」の意義
CEC、工場IoTデータを可視化する「Visual Factory」を提供開始
セールスワン、IoT/RFIDと連携した点検管理ソリューション「StampFlow」を提供開始
OKIが考える「高度IoT社会」とは――常務執行役員・坪井氏が講演
多様なIoT無線をサポートするアドバンテックの「M2.COM」
de:code 2018の基調講演で披露された「Visual Studio」「Visual Studio Code」の新機能
SAPジャパン、業種別・テクノロジー別のSAP Leonardoアクセラレーターパッケージを国内で本格提供開始
企業IT
広島県、AIやIoTなどの実証実験の場「ひろしまサンドボックス」を始動 | IT Leaders
インテルとC3 IoTが提携--AIアプライアンス提供へ
コネクシオ、IoTシステムを迅速・簡単に構築するためのテンプレート
シーイーシー、工場IoTデータを可視化する「Visual Factory」を発表
戦略から実践へ--北米最大規模「IoTワールド2018」開催
パートナー企業とIoTビジネスを共に創るNTTコム
ナップスター開発者が目指す、IoTホットスポットの壮大な計画
教育IoT・AI最前線、先生とAIロボット「Musio」が“協働”する英語の授業 ―第9回教育ITソリューションEXPO(EDIX)

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。