IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.07.13

GEイメルト退任が示すIoT時代「はじまりの終わり」
IoT時代、<企業文化や組織運営>も変わる

BY

GEの最高経営者(CEO)を務めたジェフ・イメルト氏(2016年4月撮影)。(写真:AP/アフロ)

 2017年6月12日。米ゼネラル・エレクトリック社(以下、GE)は、16年間、最高経営者(CEO)を務めたジェフ・イメルト氏(61歳。以下、イメルト)が退任すると発表した。

 2011年にイメルトが提唱した「インダストリアル・インターネット」。

 お客さま企業に納入する発電機や航空機エンジンなどを無数のセンサーを介してインターネットにつなげ、稼働状況の分析(ビッグデータ解析)によって運用効率向上の提案につなげて行く。

「インダストリアル・インターネット」の概念が、企業がお客さまの成果ベースで稼ぐIoTという破壊的イノベーションのモデルとなったことは広く知られている。

 この意味合いだけでもGEのイメルトの功績は極めて大きい。

【参考】「巨大企業をなぎ倒していくIoTの凄まじい衝撃」
(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47868)

 エクスペリエンス・デザインのコンサルタントである筆者の視点で見ると、GEという成熟した大企業の「なりわい」変革を成し遂げた、まさにこのタイミングでのイメルト退任は、本格的なIoT時代到来の「はじまりの終わり」を示す象徴的な事件のように思われてならないのだ。

物言う株主(アクティビスト)vs. GEイメルト

 日本経済新聞の報道(2017年6月13日朝刊)によると、突然の退任劇はGEの株価低迷がトリガーになったようだ。

 低迷する株価が昨今話題の「物言う株主」(以下、アクティビスト)の格好の攻撃材料になっていたという。事実、GEの足元の株価は30ドル前後で停滞し、イメルト就任時(2001年)の40ドルに比べても4分の3程度に過ぎない。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」設立--公民学連携で実証実験の場を提供
日立、MATLABとMicrosoft Dynamics 365の「Lumada」による連携技術を開発
スマホに投球データ送れるIoT野球ボール、韓国展開を開始
IoTが保険業界を破壊する?高まる「付加価値」への需要
「IoT向けの長期戦略では利益の犠牲も必要」 Arm
IoTの最重要課題のひとつ、「セキュリティ対策」をどう解決するか?[PR]
目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが発足
Beaconのそばを通るだけで時刻を記録、アプリックスがスマート打刻サービス「DAKOQ(ダコク)」を発売
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス
日立、ERP「Dynamics 365」と数値解析ソフト「MATLAB」を連携、故障予知などを容易に | IT Leaders
農業ベンチャーのグリーンリバーホールディングス、IoTを利用した関連特許5件を取得
西菱電機、LoRaWAN対応センサーを用いたスマート農業を兵庫県伊丹市で実施
2019年 日本はAPACで最大市場に - IoTの普及が成長を後押しするTelit
NTTドコモらによるIoT搭載宅配ボックスシステムを支援 - Telit
NEC、シリコンバレーに新会社「NEC X」設立 スタートアップに研究技術提供し、新事業開発へ
HPE、エッジコンピューティング分野に注力--約4400億円を投資へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。