IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.23

物流危機の時代を「つながり」のIoTで乗り越えよ
物流業界におけるIoTソリューション活用の展望

BY

「物流IoT」はどんな未来をもたらすのか。

 Eコマースの拡大による荷物取扱量の増大に物流現場の人手不足が重なり、物流業界の業務負荷はかつてないほど大きくなっている。今後もさらなる負荷増大が見込まれ、荷物を予定通りに運べなくなる「物流危機」が現実味を帯びる中、その解決手段としてIoTを活用した物流ソリューションへの期待が高まっている。

 本稿では、物流業界におけるIoT活用の方向性について事例を交えて展望し、「物流IoT時代」を見据えて物流事業者が取るべきアクションについて提言したい。

現実味を帯びる「物流危機」

「指定した時間にモノが届く」ことが当たり前ではなくなるかもしれない。物流業界の業務負荷が需給両面から限界を迎えつつあるためだ。

 需要面ではEコマース拡大の影響が大きい。「いつでもどこでも欲しいものを買いたい」という消費者ニーズを捉えたEコマースは年々市場規模を拡大し、それに伴い宅配される荷物も増大している。

 野村総合研究所によると、企業と消費者間の電子商取引市場は2014年に13.8兆円であったものが2022年には26兆円とほぼ倍増する見通しであり、物流業界が取り扱うEコマース関連の荷物量も同様のトレンドで増大すると見込まれる(参考:http://www.nri.com/Home/jp/news/2016/161121_1.aspx)。

 一方、物流サービスの供給面では物流業界の担い手不足も深刻だ。仕事がきつい割に給与水準が低い、長時間労働であるなどの理由から物流業界を敬遠する動きが顕著になっており、近年人手が足りないために仕事を断らざるを得ないという物流事業者の声も多い。担い手の高齢化や若年労働者の減少などにより、物流の担い手不足も今後ますます厳しい状況になると考えられる。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

広島県、AI・IoTの実証プラットフォームを構築へ--ソフトバンクやNTT西日本らが協力
IoTエッジ装置「AI BOX」で「Azure IoT Edge」を活用、クラウディアンが検証 | IT Leaders
IoT用OS「Android Things」とスマートディスプレイに隠されたグーグルの狙い
オプティム、佐賀県でドローン×AIによる減農薬米栽培を実施
みずほFG・富士通など、スマートスタジアム構想におけるIoT決済の実証実験
「Build 2018」で見せたマイクロソフトの思惑
広島県、AI/IoTを活用したソリューションを創り出す実証実験の場を提供
エッジAIで実現する未来、ソシオネクストが提案
FIDO準拠でセキュアな"カンタンログイン"を実現。ソフト技研のセキュリティソリューション - 2018 Japan IT Week春より
CDNで遅延1秒以下の動画配信を全世界で実現--ライムライト・ネットワークス
中部電力など、AIやIoT利用のGPSによる子供見守りサービス
パートナーを重視するArmのIoT戦略、日本市場に期待
韓国電力公社(KEPCO)の「ビハインド・ザ・メーター」プロジェクト、ArmのIoTソリューションを採用
“100通りの課題に100通りの使い方”名刺サイズのIoTを提案するビッグローブ - 2018 Japan IT Week 春より
東電とインフォメティス、電力×機器分離技術によるIoTプラットフォーム事業を本格展開
養殖エビを救え!IIJがタイで水質モニタリングを実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。