IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

インダストリー4.0の力添えで動き始めた日本のIoT活用
日本版第4次産業革命が地方創生と経済成長を促す

BY

日本と同じものづくり大国であるドイツが官民一体で進める「インダストリー4.0」によって、
工場のデジタル化が世界に先行して進んでいる

台湾発IoTカンパニーが日本の地方創生を始めた

 1983年、米パソコン大手のヒューレット・パッカード(HP)のエンジニアが独立して創業したアドバンテックは、産業用コンピュータの分野において世界トップシェアを持つ、台湾発のグローバルIoTカンパニーだ。

 2010年から「インテリジェント・プラネットの実現」というコーポレートビジョンを掲げ、IoT関連ビジネスに積極的に取り組んでいる。現在はエンベデッドIoT 事業 (組み込みをベースとした事業)、インダストリアルIoT事業(工場の効率化などのファクトリーオートメーション事業)、サービスIoT事業(医療/物流/リテールなどの完成品ベース)の3つを軸とし、IoT及び開発の基礎となる組み込みソリューションを強みとする。

 なかでもエンベデッドIoTグループは、幅広い組み込みコンピューティング製品を優れたデザイン・インサービスとともに提供しており、その提供範囲はボードからシステムソリューション、統合IoTソリューションなどと多岐にわたる。

アドバンテック共同社長兼
エンベデッドIoTグループ責任者
ミラー・チャン氏

 2017年9月20日に東京・品川にて開催された「アドバンテック 組込みデザイン・イン・フォーラム 2017」では、共同社長の一人でありエンベデッドIoTグループ責任者でもあるミラー・チャン氏が登壇し、同社が「モノのインターネット化での新しいエコシステムは、現在次世代の組み込み市場に向けて画期的な新しいビジネスモデルを作り上げている」と述べている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒
ドーワテクノス、ロームの「EnOcean」デバイスを活用したモータ監視IoTソリューションを開発
エージーテック、エッジコンピューティングを実現するIoT向けデータベース「Actian Zen Edge」を販売開始
ウインドリバーが注力するIoT時代に求められる5つの技術トレンド
KDDIや御殿場市など、富士山の登山者数や温湿度の可視化サービス
村田製作所、IoTで工場設備の非稼動要因を見える化する「m-FLIP」を提供開始
三菱重工航空エンジン、SASのAIテクノロジーでスマートファクトリー化を促進

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。