モビリティ探訪
1〜 177 178 179 最新

650馬力EV・現代自動車「IONIQ 5 N」は「楽しすぎる」、サーキット全開走行で実感したポルシェやアウディと違う実力

2024.4.25(木) 桃田 健史 follow フォロー help フォロー中
自動車
シェア3
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
韓国・現代自動車の新型EV「IONIQ 5N」(写真:筆者撮影)
フロントモーターや制御システム(写真:筆者撮影)
ガソリン車のハイパフォーマンス系モデルでも用いられることが多いタイヤ、イタリアのピレリ社Pzeroを装着し、ブレーキシステムも強化(写真:筆者撮影)
EVなのにエンジン回転計を表示する、インテリア(写真:筆者撮影)
サーキット走行を考慮した身体のサポート性能が高いシートを採用(写真:筆者撮影)
プレゼンテーションする、パク・ジューン氏(写真:筆者撮影)
韓国・現代自動車の新型EV「IONIQ 5N」(写真:筆者撮影)
プレゼンテーションする、パク・ジューン氏(写真:筆者撮影)
韓国・現代自動車の新型EV「IONIQ 5N」(写真:筆者撮影)
韓国・現代自動車の新型EV「IONIQ 5N」(写真:現代自動車提供)
韓国・現代自動車の新型EV「IONIQ 5N」(写真:現代自動車提供)

産業の写真

「空飛ぶクルマ」は九州から離陸する?JR九州の「事業性の調査」が業界の未来を左右する理由
生成AI特許出願で中国首位 米国の6倍:国連報告書
迫る原油需要ピークアウト、下期から原油価格は下落トレンドに…波乱要因はフーシ派のサウジ攻撃とイランの民衆蜂起
テスラ、VW、BYDが開発に注力、なぜ「サーマルマネジメント」はEVの重要な競争領域になるのか?
データ分析のその先へ、立正大学・渡辺美智子教授に聞くDX実現に向けて「データサイエンティスト」が備えるべき力
「開発期間」と「品質」をどう両立させる? 元オムロンCFO日戸興史氏が解説する全体最適のマネジメント手法「CCPM」
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。