創価学会の池田大作氏死去、「先生のために」が支えの組織に何が起きるか?

「終わりの始まり」は早計に過ぎるが、公明党の支援活動には影響も
2023.11.18(土) 正木 伸城 follow フォロー help フォロー中
人物政治時事・社会
シェア55
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
老衰のため95歳で亡くなった池田大作・創価学会名誉会長。写真は2008年撮影(写真:共同通信社)
池田氏は外国の政治家とも積極的に交流した。写真は2008年に中国の胡錦濤国家主席(右)と会談したときのもの(写真:新華社/アフロ)
創価学会の第2代会長だった戸田城聖氏(写真:共同通信社)
池田氏は長年にわたって創価学会の先頭に立ってきた。写真は1962年撮影(写真:共同通信社)

ビジネスの写真

Z世代に教える、入試「現国」頻出東大教授の「役に立てる国語」
みずほFG佐藤執行役に聞く、グループを挙げた資産運用ビジネス強化戦略の全貌
「利益の源泉は建物から“人”へ」三菱倉庫が進める人材改革の大胆な中身
ビジネスを超える社会基盤へ、フィジカルインターネットへの一丁目一番地
自主性重んじるソフトバンクの企業内大学、主役は勝手に燃える「自燃層」
EVは本当に求められているのか?EV変調の中で日本メーカーが打つべき次の一手

本日の新着

一覧
米大統領選で過熱する「米国第一」競争、トランプ化が進むバイデン政権の通商政策
【オウルズレポート】既に顕在化している「もしトラ」の影響
菅原 淳一
プーチンが仕掛けた落とし穴にはまり、晩節を汚したドイツのシュレーダー元首相
「自分たちは親友だ」と考えていたのはシュレーダー氏だけ
新潮社フォーサイト
いまの日本に必要なのはマネジメント力ではなくリーダーシップ
朝比奈 一郎
実は仲がよかったイランとイスラエル、領土の直接攻撃にまで発展した憎悪の連鎖はなぜ始まったか?
山中 俊之
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。