「ミス・ミャンマー」が続々と反軍政活動に、神経尖らす軍政側

小銃背負って軍事訓練を受けるミスも、国際社会も支援に名乗り
2021.8.28(土) 大塚 智彦 follow フォロー help フォロー中
アジア・オセアニア
この写真の記事へ戻る
2013年のミス・グランド・インターナショナルのミャンマー代表ター・テッテ(Htar Htet Htet)さん。本人のFacebookより
トゥザル・ウィン・ルウィン(Thuzar Wint Lwin)さん。本人のFacebookより
トゥザル・ウィン・ルウィンさん。本人のFcebookより
今年4月、バンコクでロイターのインタビューを受けるハン・レイ(Han Lay)さん(写真:ロイター/アフロ)
小銃を背負うター・テッテ(Htar Htet Htet)さん。本人のFacebookより

国際の写真

見つかるのを承知で飛ばした偵察気球、バイデンは中国の挑発に乗せられたのか
空売り筋の攻撃でインド新興財閥が大炎上
米国に撃墜された中国のスパイ気球、米専門家の見立てとは
過去最高を記録したロシアの経常黒字だが、国力が復活したわけでは決してない
規制や補助金によるグリーン政策は中国を利するだけ、勝機は「上流」にあり
中国の「スパイ気球」はいったい何を狙っていたのか

本日の新着

一覧
米国に撃墜された中国のスパイ気球、米専門家の見立てとは
中国人民解放軍と中国共産党との間に対米外交で対立?
高濱 賛
“移住失敗”の村となった別子山、再び「よそ者」を受け入れるのに必要なこと
YouTube発「村八分にあう」と世間に認識された集落が歩むべき道を専門家に聞く
河合 達郎
マツダ「CX-60」で600キロ走って考えた上級車モデル「ラージ商品群」の行方
「大きな高級車」でありながら「ガツンと速い」
桃田 健史
見つかるのを承知で飛ばした偵察気球、バイデンは中国の挑発に乗せられたのか
にわかに過熱しだした米中冷戦、主導権を握ったのは実は習近平
木村 正人
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。