ついに始動?平家打倒に向け源頼朝が企てた計画とは

鎌倉殿への道(5)8月4日、頼朝、山木兼隆襲撃を企てる
2021.8.4(水) 西股 総生 follow フォロー help フォロー中
生活・趣味歴史
シェア7
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
蛭ヶ小島伝承地に立つ頼朝と政子の像。ただし、挙兵時の頼朝の屋敷は、この場所ではなかった可能性が高い。撮影/西股 総生(以下同)
鎌倉にある源義朝の屋敷跡。義朝は鎌倉に居を据えて関東の武士たちを従えたものの、平治の乱で敗死すると彼らの多くは平家方になびくようになった。撮影/西股 総生
画面中央が蛭ヶ小島伝承地。背後に見える山は戦国時代の韮山城砦群だが、この山の麓のあたりに山木兼隆の屋敷があった。

ライフ・教養の写真

【熱狂パリ五輪】「パリでは金メダルを」バドミントン混合ダブルス・渡辺勇大/東野有沙、悲願をかなえる舞台
【熱狂パリ五輪】バレーボール男子の予選ラウンド、初戦はドイツ、アルゼンチン、最大のライバルはアメリカ
「農民ブリューゲル」と呼ばれたブリューゲルが描いた「世界風景」とは?貴族は描かれず、自然と人間が共鳴する傑作
【JAL元機長が解説】「エアラインランキング」はどこまで信用できるのか、格安航空が上位に来るカラクリ
【日経平均急落】どうなるトランプトレード 円高/円安?恩恵を受ける業界は?移民抑制でNISAの資産運用に転機も
高齢者の幸福を左右する「デジタルが使えるかどうか」という現実

本日の新着

一覧
「日本版ライドシェア」でタクシー不足は解消するか?ドライバーに聞いた「都内の地域格差」が生まれるワケ
新宿・渋谷は避けたいから結局「ナカ」ヘ、「住宅街の朝」の利用はより困難に
新潮社フォーサイト
トランプとハリスと恐怖をあおる選挙戦、有権者を一番怖がらせた党が勝ち――ギデオン・ラックマン
Financial Times
「タイミー」で50回副業したおじさんに聞いたリアルな感想
【令和版おじさんの副業NEO】スポットワークで飲食の洗い場
若月 澪子
日本の沖ノ鳥島近海に観測ブイを設置した中国の軍事・経済的思惑
地球温暖化から沖ノ鳥島を守るために日本は科学技術を総動員せよ
横山 恭三
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。