コロナ対策「分科会」、早くも漂う不安感の原因

「予定調和コンセンサス」方式がコロナ対策を迷走に導く
2020.7.9(木) 原 英史
政治時事・社会
この写真の記事へ戻る
*写真はイメージ
7月8日、国会は閉会中だが、コロナ対策の集中審査のために開かれた衆議院内閣委員会に出席した西村康稔担当大臣(左)と尾身茂・新型コロナウイルス感染症対策分科会会長(写真:つのだよしお/アフロ)
(出典)7月6日分科会資料
拡大画像表示

政治経済の写真

大衆社会実現で縮小した所得格差、なぜ再拡大したか
台湾半導体企業のサイバー攻撃被害、裏に中国の影
花盛りの終活ビジネス、その遺言書は本当に必要か?
8・16、中国の尖閣侵略作戦が始まる
米下院がついに対中強硬法案提出、台湾防衛へ本腰
日本のファイブ・アイズ参加、これだけのメリット

本日の新着

一覧
台湾半導体企業のサイバー攻撃被害、裏に中国の影
半導体自給率引き上げのために国をあげてのサイバー攻撃実施中
山田 敏弘
大衆社会実現で縮小した所得格差、なぜ再拡大したか
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第51回)
玉木 俊明
めっきり退潮、韓国・慰安婦支援団体の「水曜集会」
尹美香事件で失った世論の支持、集会の内容も迷走気味
李 正宣
なぜ中国の冒険主義は東シナ海で膨張するのか
日本への影響力の構築が不可欠であると認識
日本戦略研究フォーラム