トップダウン型組織でイノベーションが滞る理由

イノベーションを起こすには「仲間のために」の好循環が必要
2020.2.14(金) 篠原 信
組織
この写真の記事へ戻る
強いリーダーシップによるトップダウン型改革は瞬間的な派手さはあるが、時間が経過したときに、どれほどの評価を得られるのだろうか。写真は2003年、首相在任中の小泉純一郎氏(写真:ロイター/アフロ)
『ひらめかない人のためのイノベーションの技法』(篠原信著、実務教育出版)

ビジネスの写真

NASAの“固執”が生んだチャレンジャー号の悲劇
新型コロナ懸念でアマゾン従業員が抗議のスト
専門家による未来予測が散々な結果になる理由
新型コロナの感染拡大対策でパソコン販売好調
新型コロナ、従来の採用方式は就活生を危険にさらす
米FB、新型コロナで打撃のメディア企業に1億ドル