東京湾を漂うプラごみはどこからくるのか?

マイクロプラスチックの実態と流出経路を探る(上)
2019.12.9(月) PublicLab編集部 follow フォロー help フォロー中
環境地方自治
シェア160
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
海面に浮遊するプラスチックごみ(ピリカ提供)
図1:環境省「プラスチックを取り巻く国内外の状況」平成30年8月より抜粋
http://www.env.go.jp/council/03recycle/y0312-01/y031201-2x.pdf
拡大画像表示
図2:プラスチック浮遊量調査装置「アルバトロス」の仕組み(ピリカ提供)
写真1:プラスチック浮遊量調査装置「アルバトロス」を使った調査の様子
図3:調査地点マップ
拡大画像表示
表1:調査地点一覧
写真2:川崎市港湾局巡視船「つばめ」
写真3:収集機セッティング中の様子
写真4:固形物からプラスチックと思われるものを抽出する作業
写真5:FT-IRを用いた成分分析の様子(ピリカ提供)

地域の写真

「地元の川でのサケ漁は先住権」アイヌ民族の訴えはなぜ退けられたか 世界で広がる先住民の権利保障、日本は不十分
《混迷するリニア開業②》川勝知事が反対した静岡工区の遅れだけが延期の要因なのか、開業に立ちはだかる「壁」
《混迷するリニア開業①》当初リニアに前のめりだった川勝平太・静岡県知事、10年前のシンポジウムで語った「注文」
JR北海道で続く鉄道廃止、「経営安定基金」の見込み外れが招いた疲弊 今後3年で1000億円超の追加支援も打開策見えず
「世界デジタル政府ランキング」3年連続1位のデンマーク、日本との違いとは?
静岡県・川勝平太氏「知事失格」のワケ…リニア計画に“北風”一辺倒、4000万円退職金辞退は1期目のみで…

本日の新着

一覧
世界経済の頭上に垂れ込める戦争の黒雲――マーティン・ウルフ
Financial Times
「打倒プーチン」の狼煙に?獄中死したナワリヌイ氏の「遺言」が今秋出版、妻ユリア氏を軸に反体制派は集結できるか
楠 佳那子
中学受験率が過去最高、激化する早期教育で子どもたちが危ない!先駆者、ソニー創業者の井深大が反省したワケ
汐見 稔幸 | 湯浅 大輝
ノージャパン再来か、ポピュリズム国家・韓国の国会議員選に見る民主主義の限界
【韓国在住・日本人ママが見た韓国の実像】国民のレベルに合わせてしまった尹錫悦大統領の敗北
立花 志音
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。