「推薦枠」なんて初耳!桜を見る会は「廃止」が当然

「桜を見る会」騒動は長期政権で進んだ「権力の個人化」の帰結だ
2019.11.16(土) 舛添 要一
政治時事・社会
この写真の記事へ戻る
昨年4月の「桜を見る会」で大勢のタレントに囲まれる安倍首相夫妻。一般の招待客も、有名人を間近で見られて大いに喜んだに違いない(写真:AP/アフロ)
『ヒトラーの正体』(舛添要一著、小学館新書)

政治経済の写真

新型コロナは弱毒化したのか
コロナ退治に光明、世界で進む治療薬候補を徹底解説
仮面を捨てた中国、世界を自分色に染めるそのやり方
リモート授業に慣れたけど本音は寂しい大学生
御巣鷹山、カメラマンが事故直後に見た忘れ得ぬ光景
夜型人間が朝からロケットスタートで仕事する方法

本日の新着

一覧
抗戦!香港メディアが配信した創業者連行の緊迫現場
東アジア「深層取材ノート」(第48回)
近藤 大介
史上初、百万枚護摩行をいかに成就したか
その1:為法不為身(法のためにして、身のためにならず)
池口 恵観
初の黒人女性副大統領誕生へ、カマラ・ハリス氏
さらには黒人女性大統領も視野に入れたバイデン人事の深謀遠慮
高濱 賛
仮面を捨てた中国、世界を自分色に染めるそのやり方
国際秩序の「乗っ取り」の次ぎに来る「話語権」による支配
岩田 太郎