朴槿恵・前大統領はなぜあれほど攻撃されたのか

田原総一朗の深層探求:元在韓国大使・武藤正敏氏(その1)
記事へ戻る
2018年4月6日、朴槿恵前大統領の一審判決を伝える韓国メディア(写真:AP/アフロ)
田原総一朗:東京12チャンネル(現テレビ東京)を経てジャーナリストに。『朝まで生テレビ』(テレビ朝日)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)などに出演する傍ら、活字媒体での連載も多数。
武藤正敏:外交経済評論家。元在大韓民国特命全権大使。横浜国立大学卒業後、外務省入省。アジア局北東アジア課長、在オーストラリア日本大使館公使、在ホノルル総領事、在クウェート特命全権大使などを歴任ののち、2010年、在大韓民国特命全権大使に就任。2012年退任。著書に『日韓対立の真相』、『韓国の大誤算』、『韓国人に生まれなくてよかった』(以上、悟空出版)、『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象!』(李相哲氏との共著、WAC BUNKO)がある。
『殺されても聞く 日本を震撼させた核心的質問30 』(田原総一朗著、朝日文庫)
『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象! 』(李相哲、武藤正敏著、WAC BUNKO)

国際の写真

サムスン電子に設立50年目で事実上初の労組誕生
可能性が高まるイラク発の原油価格高騰
すっぱ抜かれた悪行、新疆と香港を踏みにじる中国
米エアビー、五輪スポンサー契約は大きな賭け
あなたも狙われる、中国スパイ法の恐るべき実態
ロシア人の心つかんだ日本製化粧品と食品

本日の新着

一覧
民主主義を知らない「桜を見る会」擁護者
有権者を買収してはいけない理由が分からない大学生も
伊東 乾
サムスン電子に設立50年目で事実上初の労組誕生
経営側はそれでも「ほっと一息」、従業員は模様眺め?
玉置 直司
本当は世の中とズレているネット世界のご意見番長
ネットで飛び交うのはなぜ過激な意見ばかりなのか?
鶴岡 弘之
悩める人のための「視線をずらす力」
解決しやすい課題に視線をフォーカスするのがコツ
篠原 信