今年はiPhoneビジネスモデル崩壊の年になる

最新機種の販売不振で、販売店は型落ち品の「実質0円」販売へ
この写真の記事へ戻る
「実質0円」で規制前の駆け込み需要を狙っている(筆者撮影)
左がiPhoneの有機ELスマホ「XS」、右が「XS Max」(筆者撮影)
シャープの自社製有機ELパネルを採用したAQUOS zero(右)とソニーのサムスン製有機ELパネルを採用したXperia XZ3(左)(筆者撮影)
図1 「顧客価値」から見たアップルのiPhoneのビジネスモデル(筆者作成)
『シャープ再建―鴻海流スピード経営と日本型リーダーシップ』(中田行彦著、啓文社書房)

ビジネスの写真

コロナ渦で大打撃を受けたイベント業界の現在地
不買運動続く韓国で、なぜか大ヒットの日本製品
NASAの“固執”が生んだチャレンジャー号の悲劇
新型コロナ懸念でアマゾン従業員が抗議のスト
専門家による未来予測が散々な結果になる理由
新型コロナの感染拡大対策でパソコン販売好調

本日の新着

一覧
生か死か経済か、コロナが突きつける容赦ない選択
パンデミック対策の過酷な計算、トレードオフは避けられない
The Economist
次々に止まる自動車工場、いよいよ製造業も危ない
コロナショックの影響は長期化か?収束後を見据えた対策が必要
加谷 珪一
英国の首相と皇太子がコロナに感染してしまった理由
「マスクをしない」だけではない、日本とは異なる”習慣”
黒木 亮
法的強制力のない都市封鎖でも意味がある理由
ニューヨーク州が示した都市封鎖の“やり方”
酒井 吉廣