『半分、青い。』がいつまでも続くことを願う街

問題はブームが去ったとき インバウンドに走るのか?
この写真の記事へ戻る
岩村町城下町の「本通り」(筆者撮影、以下同)
岐阜県恵那市岩村町の位置(Googleマップ)
拡大画像表示
住民が足並みを揃えて建物の表構えを修理し、街の統一感を生み出している
各戸の軒先に佐藤一斎の語録が飾られている。言志四録の中の一節「胸次虚明なれば,感応神速なり」と書かれている。意味は「胸の内がからっぽで透明であれば、万事に誠の心が通じて、その感応は実に神の如く迅速である」(川上正光 現代語訳)

地域の写真

緊急事態発生!自治体の情報発信はもっと改善できる
高齢者と若者がつながる、町のデジタル化
やろうと思えば、何でもできる!
米国で60年続く住民運営の高齢者コミュニティとは
目前に迫っている産業構造の劇的変化
鹿児島県薩摩川内市の画期的フューチャーセンター

本日の新着

一覧
お腹をこわしやすい、意外なあの食べ物
パンデミック時代の健康管理術(第17回)
近藤 慎太郎
コロナ禍の中で露呈した国連の“役立たず”ぶり
外交問題評議会ハース会長が国連の構造的な問題点を指摘
平井 和也
イギリスは資金洗浄の「中心地」 米フィンセン文書の架空企業を追う
BBC
パーフェクトストームに突入する米国
大統領選はすべてか無かの戦い、疲弊した多数派の不安
Financial Times