岩手と世界をつないだビールの物語

閉塞感が漂う今こそ読むべき企業家スピリッツあふれる3冊
記事へ戻る
『謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦』(須田将啓・田中禎人著、ミシマ社、1600円、税別)
『計画と無計画のあいだ』(三島邦弘著、河出書房新社、1620円、税込)
『つなぐビール』(嶌田 洋一著、ポプラ社、1512円、税込)

ライフ・教養の写真

一流国目指す日本の「桜を見る会」
日本に大きな影響を与えた朝鮮半島の水田稲作
トルシエが宙を舞った!日本代表を育てた問題児の今
ペナン島水上の家で扇風機に当たる猫とおばあさん
左右をちゃんと確認して道路を渡るペナン島の猫
周りに溶け込めない人を救うふしぎな関係性

本日の新着

一覧
中国脱出、中韓企業がベトナム投資を加速させるワケ
決断が遅く、大きく後れをとる日本企業
川島 博之
欧米諸国と中国、瓦解の始まり
「中国は自由主義化を進めない」、西側で深まる確信
The Economist
どの国でも働ける!ウーバーイーツの本当の“衝撃”
ギグエコノミーの発達は労働者にとってどんな意味があるのか
加谷 珪一
一流国目指す日本の「桜を見る会」
政治家が私物化するようになった会など無用の長物
伊東 乾