逃亡用の楽器ケースに身を沈めたカルロス・ゴーンは何を思ったのか

【日本からの脱出】米ウォール・ストリート・ジャーナル記者が描くゴーン事件の真相
シェア6
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
カルロス・ゴーン氏が逃亡先に選んだのは出生地であるレバノンだった。同国では逮捕時にゴーン氏を支持する看板が設置された(写真:Abaca/アフロ)
保釈中、都内に姿を見せたゴーン氏。隣はキャロル夫人(写真:ロイター/アフロ)
保釈中に逃亡し、到着した母国レバノンで記者会見を開いたゴーン氏(写真:ロイター/アフロ)
カリスマCEOから落ち武者になった男 カルロス・ゴーン事件の真相』(ニック・コストフ&ショーン・マクレイン=著、長尾莉紗、黒河杏奈=訳、ハーパーコリンズ・ジャパン)

ビジネスの写真

レジなし追求のAmazon、次は「Dash Cart」外販
Z世代に教える、入試「現国」頻出東大教授の「役に立てる国語」
みずほFG佐藤執行役に聞く、グループを挙げた資産運用ビジネス強化戦略の全貌
「利益の源泉は建物から“人”へ」三菱倉庫が進める人材改革の大胆な中身
ビジネスを超える社会基盤へ、フィジカルインターネットへの一丁目一番地
自主性重んじるソフトバンクの企業内大学、主役は勝手に燃える「自燃層」

本日の新着

一覧
データ上も進む世界経済の分断と減速、IMFの世界経済見通しで再び注目されるスローバリゼーション
【唐鎌大輔の為替から見る日本】非効率招く「分断」だが、フレンドショアリングは日本の追い風に
唐鎌 大輔
自由競争にすればタクシー会社は駆逐される、日本版ライドシェア解禁で求められるあるべき姿
【StraightTalk】交通経済学の専門家が語る、日本版ライドシェアの意義と課題
長野 光
米大統領選で過熱する「米国第一」競争、トランプ化が進むバイデン政権の通商政策
【オウルズレポート】既に顕在化している「もしトラ」の影響
菅原 淳一
レジなし追求のAmazon、次は「Dash Cart」外販
完全自動の「Just Walk Out」、小型店展開・外販続行
小久保 重信
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。