アーミテージ訪台の意味に気づかない日本のお気楽

米国を取るか、中国を取るかの踏み絵を迫るバイデン政権の本気度
この写真の記事へ戻る
台湾を訪問した米国の非公式代表団。写真左はアーミテージ元国務副長官。右は台湾の蔡英文総統(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
尖閣諸島の国有化の際には中国で大規模な反日暴動が起き、現地の日本企業が大打撃を受けた。今のところ日本は曖昧な態度をとり続けているが、親米反中路線を取れば、同じようなことが起きる可能性がある(写真:Featurechina/アフロ)
米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備問題では、韓国製品が不買運動に遭った。写真は閉店の憂き目に遭った浙江省嘉興市のロッテマート(写真:ロイター/アフロ)

国際の写真

「パプアの独立派武装組織が諜報機関幹部を殺害」で掃討開始目前
中国が「日本人の59%が五輪反対」の調査結果に落胆する理由
ニューノーマルにおけるストアマーケティングとは!
資金力だけじゃない、途上国がインフラ整備で中国になびく理由
高官会談で米国に喧嘩、中国は戦前の日本と同じ道をたどるのか?
中国で「ストックホルム症候群」にかかる欧米企業

本日の新着

一覧
テニスの大坂選手、東京五輪開催に「確信もてない」 BBCインタビュー
BBC
中国が「日本人の59%が五輪反対」の調査結果に落胆する理由
東アジア「深層取材ノート」(第86回)
近藤 大介
Sumire Uesaka on “Japan’s wonderful culture of loving broken-down things”
Amazing aspects of Japan’s pop culture experienced abroad
上坂 すみれ
中国で「ストックホルム症候群」にかかる欧米企業
政治的な侮辱に次々と罰、共産党の言いなりになるしかない?
Financial Times