秀吉の小田原攻めに見るロジスティクスの難しさ

“大補給作戦”の真相(前編)
2021.3.9(火) 西股 総生 follow フォロー help フォロー中
生活・趣味歴史
シェア0
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
豊臣秀吉が小田原攻めの本営として築いた石垣山城。俗に「一夜城」と呼ばれるが、3か月近い突貫工事で築き上げたもの。撮影/西股 総生
豊臣秀吉像(Wikipediaより)
早雲寺。湯本にある北条五代の菩提寺だが、秀吉はここに本陣を置く一方、突貫工事で石垣山城を築いていった。撮影/西股 総生
石垣山城の本丸跡。秀吉はここで諸将に謁見した。画面奥に見える高まりは天守台の跡。撮影/西股 総生
松平家忠像(Wikipediaより)。徳川家康の家臣。合戦そのものより浜松城やまた高天神城攻めの付城などの城郭の普請や補修などに従事していたといわれる。
北条軍の前衛となった山中城。豊臣軍の猛攻により落城したが、豊臣方も多数の死傷者を出した。写真に写っているあたりも、当時は死体の散乱する血の海だったはずだ。撮影/西股 総生
山中城の本丸跡。守備隊長の松田康長は、この場所で指揮をとり、小田原に報告書を書き、画面奥の櫓台の上で壮絶な討ち死にを遂げた。撮影/西股 総生

ライフ・教養の写真

【熱狂パリ五輪】男子4×100mリレーチームが公開練習、悲願の「金メダル」を目指す戦略は?
元コーチ・樋口美穂子が語る宇野昌磨の真骨頂「昌磨のことは今の選手たちに伝わっている」
宇野昌磨が引退前に元コーチに打ち明かした葛藤「オリンピックへのこだわりはなかった」
パリ2024オリンピック開幕直前!快適さと情熱を込めた、五輪競技にまつわる“金メダル級”スニーカー5選
59年目のパリ祭:加藤登紀子の安田講堂コンサートは満員御礼
『光る君へ』ではイメージ刷新、やりたい放題の「嫌われ偉人」藤原道長は気が小さい“ハードワーカー貴族”だった?

本日の新着

一覧
必死に「政府」を探し求めるフランス、議会選で不確実性の時代に突入
The Economist
辞職は不可避か、頼みの吉村大阪府知事からも苦言呈された斎藤元彦兵庫県知事「パワハラ疑惑」
神宮寺 慎之介
トランプは「神に選ばれし者」…暗殺未遂で進む神格化、米国は制御不能の「カオス」で内戦勃発の一歩手前
深刻な分断、 反トランプ勢力の間では「自作自演」の陰謀論も
藤 和彦
対中政策で米国と大きな溝、EU域内で米国型デカップリングからの乖離広がる
中国企業の域内投資を次々と受け入れているEU主要国
瀬口 清之
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。