なぜ秀吉は備中高松城を水攻めしたのか?

中国大返しに見る戦国武将の危機管理術(中編)
2021.2.9(火) 西股 総生 follow フォロー help フォロー中
生活・趣味歴史
シェア0
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
本能寺跡。本能寺の跡地はすっかり住宅地となっており、石碑のみが事件の現場であったことを伝えている。撮影/西股 総生
備中高松城はもともと国境地帯で争奪の対象となるような、小さな城砦の一つでしかなかった。撮影/西股 総生
毛利輝元像(Wikipediaより)
安土城に残る石垣。光秀も家康も、この石段を登って信長に面会したはずである。そこへもたらされたのが、秀吉からの急報であった。撮影/西股 総生
明智光秀像(Wikipediaより)
蛙ヶ鼻に残る築堤跡。秀吉軍が堤を築いたのは事実だが、はたしてそれは城を水没させるためのものだったのか・・・。撮影/西股 総生

ライフ・教養の写真

日本はシンガポールに何をしたのか?稀代のアーティストが伝える、日本人が知らない戦争の話
ユーゴ紛争によって破壊された古都モスタル、復興した多文化共生の街で、奇跡的に生き残った博物館兼ホテルに泊まる
【米CPIと1ドル153円台の読み方】米国のインフレ率は「でこぼこ道」にいるのか、「再燃の入口」にいるのか
角田裕毅が10位入賞したF1日本グランプリ、そもそもF1は何がスゴい?ル・マン、パリダカ…レースの特徴を総ざらい
マヨラナ博士の呪いにさよならか? マヨラナ粒子存在の証拠
大谷翔平の寄贈グラブに「使い方わからない」の声、少年野球離れは止められない 親が敬遠し子どもも関心薄なワケ

本日の新着

一覧
北朝鮮が戦車部隊の実戦演習で見せた、涙ぐましい背伸びの実態
ウクライナ戦争でも使われない旧式過ぎる戦車と嘘だらけの画像
西村 金一
「AI習近平」への布石?中国「訴訟解決アプリ」の不気味、人民が相互監視し裁く暗黒の「楓橋経験」がデジタルで復活
福島 香織
マヨラナ博士の呪いにさよならか? マヨラナ粒子存在の証拠
捏造と凶事に見舞われた未知の粒子、その先に開かれる未来は
小谷 太郎
サムスンが米半導体工場に追加投資 総額440億ドル
国内サプライチェーン強化を目指すバイデン政権の追い風に
小久保 重信
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。