不正隠蔽のため検事総長切り、「腐臭」漂う韓国政界

法務部長官による検事総長攻撃は「文在寅大統領を守るため」か
2020.12.3(木) 武藤 正敏
韓国・北朝鮮
この写真の記事へ戻る
2017年6月19日、大統領就任1年目の文在寅大統領は、韓国最古の原発・古里原発1号機の運転停止記念式典で演説。ここで「脱原発」推進を宣言し、月城原発1号機の早期閉鎖にも言及した(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
『文在寅の謀略―すべて見抜いた』(武藤正敏著、悟空出版)

国際の写真

金正恩による金与正の格下げの虚実
トランプの忠臣、上院8人衆が断頭台に
米議事堂乱入を煽ったのはBLMのメンバーと判明か
アマゾンがトランプ氏支持者利用のSNSに反論
文在寅大統領が「正義連」尹美香を捨てきれない理由
コロナ禍で活況の米不動産、金持ちがますます豊かに

本日の新着

一覧
戻して進む!東尋坊で前例のない再整備が始まった
日本有数の観光地が目指す“本来の姿”とは
鶴岡 弘之
トランプの忠臣、上院8人衆が断頭台に
筆頭はクルーズ氏、地元紙は「テキサスの恥、即刻辞任を」と
高濱 賛
ワクチンは全国民に、ではなぜPCRはそうしない
検査絞って無症状者を野放し、間違いだらけのコロナ対策
舛添 要一
猫の実がなっている!?キューバの公園で二度見
日本語を聞き取ろうと耳を立て真剣な表情になる猫
新美 敬子