開城を爆破されても「北朝鮮従属」人事を敷く文在寅

新たな北朝鮮担当の顔ぶれで分かる北への「擦り寄り強化」の意図
2020.7.8(水) 武藤 正敏
韓国・北朝鮮
この写真の記事へ戻る
朝鮮戦争勃発から70年となる今年6月25日、城南市にあるソウル空軍基地で行われた記念式典で、戦死した韓国兵の遺骨が納められた棺に敬礼する文在寅大統領(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
『文在寅の謀略―すべて見抜いた』(武藤正敏著、悟空出版)

国際の写真

米中関係悪化の中、中国AI企業がアップルを提訴
今こそ、未来に残す正の遺産をつくる
親中に舵切るも四面楚歌、名門銀行HSBCの黄昏時
韓国憤然、外交官のセクハラ事件で国際的恥さらし
旅行に出掛ける人に政府がお金を払うワケ
謎と言うしかない二階氏の「過剰な親中」の理由