天狗党に武士の情けをかけた佐野鼎とひとつの「謎」

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第25回)
2019.12.14(土) 柳原 三佳
歴史
この写真の記事へ戻る
天狗党の乱<豊原国輝筆「近世史略 武田耕雲斎 筑波山之圖」>(ウィキペディアより)
【写真1】天狗党が最後に逗留した新保宿の本陣(筆者撮影)
【写真2】敦賀の松原神社にある武田耕雲斎の像(筆者撮影)
【写真3】処刑される直前の天狗党が収容されていた鰊蔵。現在は敦賀の松原神社境内に移築され、水戸烈士記念館となっている(筆者撮影)
『開成をつくた男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

内田篤人の述懐、画期的だったラングニックの「伝え方」
ヴァカンツァという自分癒しの時間
難病患者の救いが「安楽死」のみだった医療界の課題
ますます投資しやすくなった東証上場ETF!
わずかな好材料に色めき、株投資に熱狂する韓国人
「おいしい浮世絵展」にちなんだ「浮世絵御膳」

本日の新着

一覧
内田篤人の述懐、画期的だったラングニックの「伝え方」
岩政大樹が読み解く川島永嗣と内田篤人の「視界」
岩政 大樹
コロナ対策、日本は完全に「アジアの劣等生」
政治も科学もマスコミも機能不全という惨状
舛添 要一
安倍首相にやってほしい定期的「炉辺談話」
国会論戦で見えない世界の現実を国民に分かり易く
森 清勇