天狗党に武士の情けをかけた佐野鼎とひとつの「謎」

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第25回)
2019.12.14(土) 柳原 三佳
歴史
この写真の記事へ戻る
天狗党の乱<豊原国輝筆「近世史略 武田耕雲斎 筑波山之圖」>(ウィキペディアより)
【写真1】天狗党が最後に逗留した新保宿の本陣(筆者撮影)
【写真2】敦賀の松原神社にある武田耕雲斎の像(筆者撮影)
【写真3】処刑される直前の天狗党が収容されていた鰊蔵。現在は敦賀の松原神社境内に移築され、水戸烈士記念館となっている(筆者撮影)
『開成をつくた男、佐野鼎』(柳原三佳著、講談社)

ライフ・教養の写真

ロッテのドラ1・佐々木朗希、過熱報道に警戒せよ
許容できる「リスク」に合わせて投資信託を選ぶ
分散投資の種類と効用を知ろう
日本はいつから単一民族になったのか
単独猟の猟師が到達した「命に感謝」を超えた境地
大事をなす人はここが違う

本日の新着

一覧
アジアに広がる新型肺炎、対策の温度差が生む大感染
手本にすべきはシンガポールの徹底的対策
大塚 智彦
ロッテのドラ1・佐々木朗希、過熱報道に警戒せよ
メディアは気まぐれ、心乱されるな
臼北 信行
野党は弛緩する安倍長期政権をただ傍観するつもりか
与党から政権を奪取する気持ちがあるなら、方法はこれしかない
舛添 要一
知らぬは有権者だけだった、サンプラザ解体の結論
なのに「解体の是非」を争点にした区長選の意義はどこに?
尾藤 克之