宇宙×防災、3.11の教訓から生まれた防災ゼリー

災害時にも介護食にも、「極限環境」でもおいしく健康に
この写真の記事へ戻る
ワンテーブルCEO島田昌幸さん(左)と、JAXA J-SPARCプロデューサー 菊池優太さん。防災×宇宙の技術は、何を生み出すのか。
ワンテーブルCEO島田昌幸(しまだ・まさゆき)さん。大学在学中に教育ベンチャーを創業。2007年から国土交通省認定の観光地域プロデューサーとして活動し、数々の地域プロデュースを手がける。2016年11月、ワンテーブルを設立。
宮城県多賀城市に竣工した工場。(画像提供:ワンテーブル)
JAXA J-SPARCプロデューサー 菊池優太(きくち・ゆうた)さん。
ワンテーブルとJAXAが開発した「BOSAI SPACE FOOD」プロトタイプ(BSF1.0)。左からエナジータイプ グレープ味とペアー(洋なし)味、右がバランスタイプ。
ワンテーブル工場・充填室の内部。(画像提供:ワンテーブル)
たとえば「ムーンショット味」なんてものも。(画像提供:ワンテーブル)

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由

本日の新着

一覧
シャレにならない監視社会に突入した中国の悪夢
生活は便利だけれど、SNSの書き込みは当局に筒抜け
姫田 小夏
ながらスマホが厳罰化でもなくならない根本的な理由
大きく変わった人とクルマの関係
桃田 健史
浮遊するプラごみで最も多いのは人工芝だった!
マイクロプラスチックの実態と流出経路を探る(中)
PublicLab編集部
アマゾン、米政府が「悪質市場」指定を検討中
はびこる模倣品、海賊版、粗悪品にどう対処する?
小久保 重信