クリエイティブな産業はなぜ大都市で発展するのか

答えを導くカギは「コワーキング」という働き方にある
この写真の記事へ戻る
「コワーキングスペース」にはどのような機能が期待されているのか。
國學院大學経済学部准教授の山本健太氏。博士(理学)。東北大学大学院理学研究科博士課程修了。九州国際大学特任助教、同助教、同准教授を経て現職。地理学の視点から日本の経済・地域経済の振興を研究する。「ひたすら歩き、話を聞くことで地域の経済が見えてくる」を信条に、フィールドワークを中心とした実証主義に基づく研究を続ける気鋭の地域経済専門家。
山本氏が調査対象とした、東京都内のコワーキングスペースの立地。(2017年2月時点)
拡大画像表示

ビジネスの写真

「文系AI人材」が備えるべき視点と思考法
米当局がアマゾンやFBなどに便乗値上げ対策要請
HR Tech市場の成長を促す3つの技術領域
「eNPS」を指標に据えた組織改革の要諦
稼ぐ企業が意外に持っている「御用聞き」の資質
SDGsに挑む時代、CDOに求められるものは何か