IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.01.25

企業トップが「なりわい」革新を唱えたCES 2018
IoT時代、<企業間競争のゲームルール>が変わる

BY

来場者でにぎわうラスベガスのCES会場。

 2018年1月9日。

 砂漠の街ラスベガスには場違いの豪雨の中、今年のCES(Consumer Electronics Show、米国ラスベガスで開催)は3900社に及ぶ出展者と世界各国から推計18万人もの来場者を集めて開幕した。

 夕方に嵐が過ぎ去り、街にいつものような静かな夜の帳が下りる段階で、すでに今年のCESがどんな意味を持ち、われわれにどんなメッセージを発散するのかが既にクリアになっていた、と言っても過言ではないだろう。

 なぜならば、概ね開幕日当日の夜までに、影響力の大きいグローバル企業のトップ自らが記者会見や基調講演のプレゼンテーションに登場し、次々と自社の「なりわい」(事業ドメイン)革新を高らかに宣言したからだ。

 IoTという破壊的イノベーションへのロードマップが、リアリティを持ったストーリーとして力強く動き出したのである。

 2015年のCESでシスコシステムズCEO(当時)のジョン・チェンバースが熱く語った予言を今一度思い出してほしい。

【参考】巨大企業をなぎ倒していくIoTの凄まじい衝撃
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47868

 業界を代表するリーダーであり、それゆえ影響力も大きいグローバル企業こそがDisruptor(破壊者)へと変貌し、生き残りをかけて自社の「なりわい」を革新していく。

 今回、著者は特にトヨタ、インテル、フォードという3つのキープレイヤーの経営トップが、自らDisruptor(破壊者)になることを宣言したことのインパクトは極めて大きい、と考える。

 ゲーム・フォー・チェンジ。今後、事業規模の大小や歩んできた歴史の長さには関係なく、あらゆるインダストリーに属する企業が生き残りをかけて同じベクトルの方向に向けて一斉に駆け出すまで、もはや時間はかからないだろう。

注目企業による「なりわい」革新のプレゼンテーション

 今回、記者会見を行ったのはボッシュ、トヨタ、Valoe、ZFといった「元」自動車メーカーおよびTier 1の部品メーカー、LG、パナソニック、サムスン、ソニーといった「元」家電メーカー、それからクアルコム、エヌビディアといった「元」半導体メーカーである。

 また、今年から2カ所の会場に分かれて実施された基調講演には、インテル、タイムワーナー、Hulu、フォード、Huaweiが登場した。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

トイレを電池・配線レスでIoT化、スライドラッチ受け「SWITCHSTRIKE AIR」3月末に発売 元離宮二条城で試験運転も開始
BIGLOBEモバイルがIoT/M2M通信向けサービスを強化 月額400円台からの低価格プランや固定IPオプションなどを提供
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業--自動車でのAI/IoT活用を加速
“トイレのIoT化”で混雑時の利用効率を向上--安否確認や犯罪防止にも活用
混雑トイレに新たな"IoT"、世界遺産、元離宮二条城での試験運用開始
シーメンスのIoTプラットフォームがAWS上で利用可能に | IT Leaders
Keychain、ブロックチェーンを使ったIoT認証セキュリティソフトを開発
三菱電機、低消費電力や低コストをAI技術で実現
NTT Comと成蹊大、IoTによる大学構内の環境モニタリング実証実験を開始
IoTデバイスのセキュリティ向上へ--MITが低電力暗号処理チップを開発
VMwareがIoTセキュリティで特に重視するのは自動車業界
Oracle、「Oracle IoT Cloud」の新しいインダストリー4.0機能を発表
三菱電機、AI技術で機器やエッジをスマート化
クアルコムが産業IoT向け「Wireless Edge Services」、5G NRの計画など披露
【NW未来予想図04】セルラーLPWAが急成長――2022年にはNB-IoTがシェア50%近くに
BIGLOBEモバイルがIoT向け通信サービスを強化、低容量の100MB/上り高速の300GBプラン

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。