IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.27

ディープラーニングで新たに広がる創薬ビジネスの輪
「AI創薬」コンソーシアムで産業競争力と医療が変わる

BY

新薬開発の課題は、AIで解決できるだろうか。

 医療の現場では、世にあふれる疾患を治療する手段として、新薬に対する期待は依然として大きい。だが、製薬メーカーも日々、新薬の開発に取り組んでいるが、その新薬が患者のもとに届くまで多大な年月や開発費用がかかっている。その要因には、臨床試験や制度に関する課題もあるだろうが、その前の研究開発段階でのハードルも依然として高く存在する。

 その1つが、創薬の基本となるシミュレーションだ。シミュレーションにかかる期間や新薬候補の予測可能性など、シミュレーション性能の向上が製薬業界の大きな宿願となっている。

 そこで今、新薬開発の現場で大きな期待を寄せられているのが、ディープラーニングなどのAI技術だ。AIの活用によってシミュレーション性能の向上を図る製薬手法が提唱されている。それはいったいどのようなもので、製薬の流れにどのような影響を与えるのだろうか。

 2017年12月に行われたインテルのプレス向けセミナーで、京都大学医学部付属病院 先端医療機器開発・臨床研究センターの種石慶(たねいし・けい)氏は、「AI創薬にかかる期待」という題で講演を行った。

製薬業界の抱える構造的な課題

 創薬の基本は、疾患の原因となるタンパク質を見つけ出し、そのタンパク質と結合し活性を抑えるような化合物を開発すること。

 生体内には10万種以上のタンパク質が存在しており、まず、その中から標的となるタンパク質を探すことから始まる。しかし、ターゲットとなるタンパク質が1種類なら話は早いが、実際には複数種類のタンパク質が複合的にその疾病に関与していることの方が多い。

京都大学医学部付属病院 先端医療機器開発・臨床研究センターの種石慶(たねいし・けい)氏。

 そして、ターゲットとなるタンパク質を発見できたら、その標的タンパク質と結合できる立体構造を持つ化合物を、製薬メーカーの所有する化合物ライブラリーから探していく。このライブラリーにも数万種の化合物が含まれており、1つ1つすべてをテストするわけにはいかないので、実際には分子構造などからシミュレーションを行い、候補を絞っていく。

 その中には、無関係なタンパク質に結合してしまうものや、何らかの副作用を引き起こす可能性もあるものも含まれているので、それらは除かなければならない。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減
家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。