IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.27

ディープラーニングで新たに広がる創薬ビジネスの輪
「AI創薬」コンソーシアムで産業競争力と医療が変わる

BY

新薬開発の課題は、AIで解決できるだろうか。

 医療の現場では、世にあふれる疾患を治療する手段として、新薬に対する期待は依然として大きい。だが、製薬メーカーも日々、新薬の開発に取り組んでいるが、その新薬が患者のもとに届くまで多大な年月や開発費用がかかっている。その要因には、臨床試験や制度に関する課題もあるだろうが、その前の研究開発段階でのハードルも依然として高く存在する。

 その1つが、創薬の基本となるシミュレーションだ。シミュレーションにかかる期間や新薬候補の予測可能性など、シミュレーション性能の向上が製薬業界の大きな宿願となっている。

 そこで今、新薬開発の現場で大きな期待を寄せられているのが、ディープラーニングなどのAI技術だ。AIの活用によってシミュレーション性能の向上を図る製薬手法が提唱されている。それはいったいどのようなもので、製薬の流れにどのような影響を与えるのだろうか。

 2017年12月に行われたインテルのプレス向けセミナーで、京都大学医学部付属病院 先端医療機器開発・臨床研究センターの種石慶(たねいし・けい)氏は、「AI創薬にかかる期待」という題で講演を行った。

製薬業界の抱える構造的な課題

 創薬の基本は、疾患の原因となるタンパク質を見つけ出し、そのタンパク質と結合し活性を抑えるような化合物を開発すること。

 生体内には10万種以上のタンパク質が存在しており、まず、その中から標的となるタンパク質を探すことから始まる。しかし、ターゲットとなるタンパク質が1種類なら話は早いが、実際には複数種類のタンパク質が複合的にその疾病に関与していることの方が多い。

京都大学医学部付属病院 先端医療機器開発・臨床研究センターの種石慶(たねいし・けい)氏。

 そして、ターゲットとなるタンパク質を発見できたら、その標的タンパク質と結合できる立体構造を持つ化合物を、製薬メーカーの所有する化合物ライブラリーから探していく。このライブラリーにも数万種の化合物が含まれており、1つ1つすべてをテストするわけにはいかないので、実際には分子構造などからシミュレーションを行い、候補を絞っていく。

 その中には、無関係なタンパク質に結合してしまうものや、何らかの副作用を引き起こす可能性もあるものも含まれているので、それらは除かなければならない。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

国内イノベーショントレンド大集結 無料展示ブース紹介
日立、「JP1 for IoT」を販売--IoT向け運用管理を最適化
第4次産業革命の実現は地方から!天草市が展開する地方版DXを支援するジャパンシステム | IT Leaders
アットマークテクノなど6社が共同、IoTシステムをDIY感覚で設計できるオープンソースプロジェクト「Degu」発足
ホームIoT「au HOME」に睡眠モニタリングサービス--約6割が自身の睡眠に“不満”
au、睡眠を測るベッド用デバイスなどホームIoT新商品を投入:週刊モバイル通信 石野純也
世界中から厳選した最先端ITガジェット・IoT商品が揃う デジタルライフを提案するセレクトショップ「FOX」第一号店 3月15日(金)OPEN
実際のふるまいは? 総務省とNICTのIoT機器調査を受けたユーザーがそのレポートを公開中【やじうまWatch】
日立、IoT機器向けの運用管理ブランド「JP1 for IoT」、第1弾はデバイス管理 | IT Leaders
オリンパス、ICT-AI構想を明かす――プラットフォームにAzureを採用
IoTで睡眠の質を改善、KDDIとフランスベッドが協業
KDDIがホームIoT「au HOME」を強化、スリープテックで睡眠負債を返済(ニュース)
IoTデバイスを安全に利用するための4つのポイント
メルセデス初の量産型電気自動車「EQC」を乃木坂のMercedes me Tokyoにて展示
国内のIoT市場規模、2018年は6兆3167億円
IoTを活用し遠隔ファッション診断を実現!エアークローゼット、JR東日本グループと実証実験を開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。