IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.03.13

日本からジョブスは誕生するか? 鍵を握るSTEM教育
誰でも楽しみながら学習可能。プログラミングの基礎力を養える

BY

Microsoftのビル・ゲイツ、Appleのスティーブ・ジョブズ、Facebookのマーク・ザッカーバーグなど、今世紀の成功者はIT業界から多く生まれている。そうした先達を目指し、子供の将来を考える親たちの間で、「STEM教育」(ステム教育)が注目されつつある。

“STEM”とは、「Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)」の頭文字を取ったもの。これら4分野の教育に注力することで、科学技術やビジネスの国際競争力が高い人材を育成しようとするものである。米国のオバマ大統領が一般教書演説等で優先課題の一つとして取り上げ、一般に広まったといわれている。

日本でも文部科学省が2020年に小学校へのプログラミング教育導入を検討するなど、この分野への教育熱が高まってきているようだ。

そうした状況を背景に、各社から関連教育ツールの発表が続いている。

“21世紀型スキル”を養えるロボットキット「PETS」

この度、“21世紀型スキル”を育むことを目的とした株式会社for Our Kidsが、パソコン不要のプログラミング学習用ロボット「PETS」を米国最大の教育イベント「SXSWedu Conference & Festival」へ出展した。

これに合わせて、クラウドファンディングサービスKickstarterでサポーターの募集を開始。4月16日まで出資を受け付けている。

for Our KidsによるKickstarterの募集ページ

「PETS」は木製の自走型ロボット。本体上部にある穴へ「コマンドブロック」という動作を指示する部品を差し込むことで、動きをプログラミングできる。

前進や後退、右左折や動作の繰り返しなどを好きな順番で指定することで、マス目が描かれたシート上で障害物を避けながらスタートからゴールへ到達するよう誘導する。

パソコン操作が不要なので、幅広い年齢層が使用できる(対象年齢は3歳後半から)。「PETS」によって「順次処理」「反復処理」「分岐処理」というプログラミングに求められる3つの基礎力が養えるという。これは、「Scratch」など視覚的なプログラミングを行なえる「ビジュアルプログラミング」の前段階に向いているとのことだ。

for Our Kidsでは、製品の販売はもちろん、レンタルやワークショップの開催、カリキュラムの提供なども行なっている。

株式会社for Our Kids
http://4ok.jp/

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NTTデータCCS、ビーコン/IoTソリューション分野でAC&Mと提携、位置測位サービスを拡充
TrustZone対応マイコン、声を拾う加速度センサー STが展示
IIJ、フルMVNOサービスでLTE-Mの接続確認を実施
宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから
魅力あるIoTエッジの開発アプローチに垣間見るプラットフォーム提供の在り方
NTT東が中小工場向けIoTパッケージ――トライアルでは4%の稼働率向上を実現
AIによる自律化、クラウド化、そしてサービス化が進むストレージの現在と未来
環境発電で動作するコントローラー、ルネサスがSOTBを初適用
KDDI、富士山遭難者救助にドローンを活用
ヤマザキマザック、IoTを活用したコネクテッドサービス「Mazak iCONNECT」を2019年4月より提供開始
IoT向けネットワークLoRaWAN、普及のために日本の協会が設立
OKI、固定網/PHSからLTEへのマイグレーションを実現する「マルチキャリア対応音声IoTゲートウェイ」を販売開始
VAIOとモフィリアが指静脈認証技術で協業、法人向けに認証デバイスを提供
基幹業務アプリのSaaS移行で“最後のアップグレード”を、オラクル
IoTドアと窓で戸締まり確認 センサー電源不要
NTT東日本、生産現場を「見える化」できる工場向けIoTパッケージを提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。