IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.03.13

日本からジョブスは誕生するか? 鍵を握るSTEM教育
誰でも楽しみながら学習可能。プログラミングの基礎力を養える

BY

色のついた線の並びでプログラミングする「Ozobot」

キャスタリア株式会社が販売する「Ozobot」。たこ焼きのような見た目も可愛らしい自走式のロボットで、いわゆるライントレーサーと呼ばれるもの。ユーザーが描いた線をたどって動くため、直感的でわかりやすい。

「Ozobot」のWebページ

Ozobotの大きな特徴はラインをたどるだけでなく、コードで指示を与えられること。ライン上に決められた順番で色をつけることで、動作をプログラミングできる。

例えば、青→黒→青(「はやく」の指示)としておけば、その上をOzobotが通ることで、スピードが速くなる。カラーコードは色ペンを使って自分で描く他に、別売りのシールが用意されている。自分で書いた線の上に貼ることで様々な指示を与えられる。

キャスタリアが用意しているカラーコードシール解説表

また、パソコンを使ったプログラミングも可能。「OzoBlockly」というオンラインのビジュアルプログラミングツールが用意されており、コマンドが定義されたブロックを組み合わせることで、Ozobotの動作やLEDの光り方などをプログラミングできるのだ。

パソコンを使えない未就学児や小学校低学年などの低年齢層にはカラーコード、ある程度パソコンが使えるようになったらOzoBlocklyなど、使い分けるのも良さそうだ。

Ozobot
https://ozobot.jp/

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

スカイディスク、屋内環境のデータ化・AI分析に特化した「環境IoTパッケージ」提供開始
DJI Goggles:頭の動きでドローンを操縦
ソフトバンク、IoT製品の開発を効率化するElectric Impの開発キット2製品を販売開始
ソニー、100kmの遠距離通信ができる独自のIoT向けネットワークを開発
NTTドコモが中期戦略2020「beyond宣言」、5Gの特徴を活かしたIoT、AI、VRに注力
GMOグローバルサイン、IoTデバイス向けのクライアント証明書の大量発行サービス「マネージドPKI for IoT」を提供開始
スモールスタートでIoTサービスを開発可能 ヤフーのIoTプラットフォーム「myThings Developers」で何ができるのか
日常会話できるロボット「Tapia」ヤフーのIoTプラットフォームと連携!
見守りロボ「BOCCO」Yahoo!提供の天気情報・防災速報などと連動
Microsoft、IoTセキュリティ分野でMicronと提携
実際のIoT案件の知見を体系化、IoTの基本を学べるスクール ーウフル 土本氏インタビュー[PR]
KDDIやシスコ、IoT向けネットワークを活用したビジネスアイデアを募集
第203回 IoT実用化への号砲は鳴った
クラウドの次に来る「不可避な」流れは、AI、IoT、そしてVR【特別寄稿】
小型太陽光パネルの発電でセンシング・通信、JAふくしま未来が防霜IoTソリューション
安川情報システム、LTE対応のIoTゲートウェイ製品「MMLink-GWL」販売

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。