IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.03.13

日本からジョブスは誕生するか? 鍵を握るSTEM教育
誰でも楽しみながら学習可能。プログラミングの基礎力を養える

BY

色のついた線の並びでプログラミングする「Ozobot」

キャスタリア株式会社が販売する「Ozobot」。たこ焼きのような見た目も可愛らしい自走式のロボットで、いわゆるライントレーサーと呼ばれるもの。ユーザーが描いた線をたどって動くため、直感的でわかりやすい。

「Ozobot」のWebページ

Ozobotの大きな特徴はラインをたどるだけでなく、コードで指示を与えられること。ライン上に決められた順番で色をつけることで、動作をプログラミングできる。

例えば、青→黒→青(「はやく」の指示)としておけば、その上をOzobotが通ることで、スピードが速くなる。カラーコードは色ペンを使って自分で描く他に、別売りのシールが用意されている。自分で書いた線の上に貼ることで様々な指示を与えられる。

キャスタリアが用意しているカラーコードシール解説表

また、パソコンを使ったプログラミングも可能。「OzoBlockly」というオンラインのビジュアルプログラミングツールが用意されており、コマンドが定義されたブロックを組み合わせることで、Ozobotの動作やLEDの光り方などをプログラミングできるのだ。

パソコンを使えない未就学児や小学校低学年などの低年齢層にはカラーコード、ある程度パソコンが使えるようになったらOzoBlocklyなど、使い分けるのも良さそうだ。

Ozobot
https://ozobot.jp/

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

労働災害を防止する「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」
ブルドーザーの運転からジャムセッションまで、5Gなら遠隔で可能
Industrial IoTからホテル価格の最適化まで! ―― データから価値を生み出すFlyData
サンシーの新しいセルラーLPWA通信モジュール、Ayla NetworksのIoTプラットフォームに対応
IoTデバイス開発など現場監督をサポートする『建設現場支援センター』
第一線現場でのMRによる支援・高度化の共通研究開始
【人とくるまのテクノロジー展 2018】シミュレーターやサイドeミラー、高精度ロケータなど自動運転向け技術をピックアップ
積水化学、Secualと共同でIoT活用のスマートタウンマネジメント推進
IoT人気記事ランキング|AIというバズワードに惑わされるな、広島県のAI・IoTエコシステム「ひろしまサンドボックス」が始動、渋谷区と連携し、地方と都市の”共創”を推進など[/-/]
ソニー、スマートセンシングプロセッサ搭載ボード
「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」の提供がスタート
効率的なプロジェクト管理を実現するコラボツール「DERAWORX」 - 2018 Japan IT Week春より
IoTデバイス向けBLEルータを開発する福岡のBraveridge、ジャフコから5億円を資金調達
インテル、コラボレーションセンター開設…VR技術導入の運転シミュレーター設置
Googleがスタンドアロン型のARヘッドセットを開発中との噂。クアルコムのIoT向けSoCを搭載か
金沢工業大、e-テキスタイル技術とIoTスマートシューズで地域高齢者の健康と見守りを支援

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。