IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2017.03.02

幸せな高齢化社会を実現するスマートハウスとは?
COMMAハウスが目指す“QOLの高い”住宅

BY

2020年には高齢化率が29.1%を超えるといわれる日本。高齢化社会において、高齢者の暮らし方の多様化が求められています。

高齢者だけの生活に多少の不便はあっても、健康上に問題がないうちは、できるだけ自立した生活を望む親世帯が増えています。その一方で、子世帯は離れて暮らす高齢の親世帯のことが気にかかるもの。高齢化とともに核家族化が進む中、こうした問題の解決策として、IoTを活用したスマートハウスに注目が集まっています。

2020年の一般住宅を想定して建てられたCOMMAハウス

そこで今回は、2020年に広く普及するスマートハウスを目指し、各種エネルギーマネジメントの実証実験を行っている、東京大学生産技術研究所実証実験住宅「COMMAハウス」にお邪魔させていただきました。

お話を伺ったのは、東京大学生産技術研究所の片岡和人氏(以下、片岡氏)です。

お話を伺った片岡氏

「『COMMAハウス』は、東京大学生産技術研究所とLIXILの共同実証実験住宅として、2011年8月に設立されました。快適でサステナブルなスマートハウスが2020年に広く普及することを目指し、さまざまな実験を行うための住宅です。スマート家電や、建物設備、給湯設備などを制御するHEMS(Home Energy Management System)の開発・実装実験を行っています」(片岡氏)

COMMAハウスが行っている実験から、高齢者の快適な生活のために活用できるものはあるのでしょうか?

「COMMAハウスでは、オープンイノベーションでのサービス創出活動が行われています。例えば、イサナドットネット株式会社が開発・実験を行ったアプリケーション「みまもチャット」は、離れて暮らす親世帯(高齢者)の様子を、HEMSを利用して見守ることのできるアプリサービスです」(片岡氏)

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

経産省とIoT推進ラボが主催する、第三回 IoT Lab Selection レポート
IoTスタートアップにノキアが開発プラットフォームを提供、日本が3カ国目
日立、監視カメラや入退室管理などフィジカルセキュリティデータ管理の統合プラットフォームを開発
IoT時代に合わせた「多接続」を実現する5G、ビジネスでの課題とは
ベルト装着型IoTデバイスを用いたストレス度の計測に関する実証実験プロジェクトを発足
IoTけん玉やVRトランポリンなど!アスキーに注目スタートアップが集結
キヤノンITS、企業のIoT導入を支援するPoCサービスを提供
NXP、1MBの組み込みSRAMメモリを搭載したCortex-M4ベースマイコンを発表
IoT人気記事ランキング 経産省 IoT Lab Selection開催、東急AG O2Oソリューション 「Activation Manager」開発 など[3/13~3/19]
Wi-RAN用無線機、従来より100倍の領域をカバー
IoT国際競争力は主要10カ国中で第3位、「スマート工場」や「スマートシティ」に力
MOVIMAS、シャープとIoTゲートウェイによるセキュリティモジュール実装の共同実証実験を開始
自転車通勤IoTの実証実験、Cerevoの「RIDE-1」で走行データ収集、「SAP HANA」で可視化して共有 
総務省、ドイツとの「ハノーバー宣言」に署名しICT分野の協力を進める、NICTとドイツ人工知能研究所がIoT/AI協力に係る覚書へ署名
アールエスコンポーネンツ、SIEMENSのIoTゲートウェイ「SIMATIC IOT2020」をArduinoストアで販売
ソラコム、ヨーロッパ進出、利用可能デバイスを展示 -MWC2017レポート④

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。