IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.02.16

HEMSの失敗から、IoTへシフトする不動産業界
IT化で見えてくるスマートハウスへの課題

BY

不動産広告のDGコミュニケーションズが、不動産向けIoTサービスを提供するライナフと業務提携した。ライナフは「Ninja Lock」と呼ばれるスマートロックサービスなどのハードウェアや、内覧をスムーズに行う「スマート内覧」などを提供するスタートアップだ。

同時期に、アパート経営のインベスターズクラウドは、IoTを活用したスマートホステル「& AND HOSTEL」などのホステル事業を展開するBIJをインターアクションから譲り受け子会社化した。

DGコミュニケーションズは、不動産業界と広告というメディアを通じてつながりが深く、ライナフの商品を認知・販売支援を見越して業務提携を。インベスターズクラウドは、以前、記事でも紹介した通り、スマートロックサービスなどをすでに持ち、活用の場をひろめ、かつ事業領域をスマートホステルにも拡大していくのが狙い。

不動産デベロッパーでも、大和ハウス工業と長谷工コーポレーションが神奈川県藤沢市の大型分譲マンション「(仮称)プレミスト湘南辻堂」で入居者にリストバンド型のウェラブルデバイスを提供、データを集約・解析し、敷地内フィットネスジムなどと連携する「スマートウェルネスサービス」を提供すると発表した。

もともと1980年代には米国で提唱されていたのがスマートハウス構想は、家電や設備機器を制御するというものだったが、IoTによってデータ収集・解析なども視野に入った。

JBPRESS

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

あわせてお読みください

IoTニュース

【定点観測】アマゾンも自動運転カービジネスに参入-自動運転カー 1月アップデート
IoTとAIが変えるUI(ユーザーインタフェース) | IT Leaders
NTT研究所は、IoTのサイバー脅威にこう対抗する!
「技術商社の強み」を最大限に生かした予知保全 -マクニカ インタビュー
西村直人の先進運転支援システム「新型サイバーナビ+マルチドライブアシストユニット」体験レポート
タクシーが捕まりやすくなる?「AIタクシー」ドコモが実証実験、30分先の乗車需要を予測
IoT機器を利用者する側のセキュリテイ対策 ーセキュリティ特集 第四回
富士通研究所、スマートフォンの生体認証のみでIoT機器を介したクラウドサービスをセキュアに利用
ファーウェイとドイツポストDHLがIoT 分野で提携、市場規模1.9 兆米ドルのコネクテッド・ロジスティクス市場に注力
ソフトバンクが中小企業のIoT支援、中小機構と臼田総研と共同で
カスペルスキー、セキュリティに特化したIoT向け独自OS「KasperskyOS」を開発
【NTT R&D フォーラム 2017】ネットワーク分野のメインテーマは「サービス共創」
介護IoTシステムを共同開発、インフォコムとZ-Worksが業務提携(ニュース)
ビーコンで製造現場のヒト・モノの位置を可視化――富士通が工場のIoT化促進機能
自動車や家電にも決済機能を--IBMとVisaが新たな仕組みを構想
スマホの生体認証センサーで宅配ボックスを解錠、富士通研究所がFIDO応用の新技術

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。