IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.11.18

年間5000戸へ供給も、スマートホームのハブ目指す「TATERU kit」

BY

 スマートホーム市場はさまざまなプレーヤーが登場し、混迷を深めている。CATVや通信会社などはもとより、Panasonicやボッシュなどもスマートホームプラットフォームへ参入。また、IoTのスターットアップ(ベンチャー)も複数登場している。

家を制するのは誰だ? しのぎを削るスマートホーム市場

 かつてはリビングを制するのは誰か? という争いが起きたが、今は家を制するのは誰かといったところだ。

 各社の戦略は大きく2つに分けられる。1つは、すべてを自社でコントロールしていく手法で、Panasonicなどがこれにあたる。もう1つは、Qrioなどドアの開閉だけに機能を特化させ、ニッチ戦略を取っているケースだ。

 こうした各社の取り組みの中で、異なる戦略を取っているのがインベスターズクラウドの「TATERU kit」だ。インベスタークラウドは、スマートフォンのアプリなどをコミュニケーションツールとしてアパート経営のトータルサポートを行う企業で、「TATERU kit」はこのアパート経営の付加価値創造の一環として生まれたスマートドアホンサービスで2017年に本格運用をスタートさせる予定だ。

TATERU kit
JBPRESS

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

あわせてお読みください

IoTニュース

国内IoT市場は2021年までに11兆円規模に成長──IDC調査
そのIoTデバイス、本当に10年動きますか? キーサイト・テクノロジー インタビュー②[PR]
マカフィーに聞くIoTセキュリティ - 業界別対策と野良デバイス対策がキモ
GSMA、IoTソリューションの成長を支援するため、IoTビッグデータ・ディレクトリーをリリース
IoTトイレで水道代を50%節約し、空室状態を可視化することで業務の効率化 ─KDDI IoTクラウド 新サービス
世界最小クラスのIoT紛失防止タグ「MAMORIO」に3つの新色が登場!
NSW、IoTクラウドプラットフォームをAzure上に構築する「Toami on Azure」
元グーグル代表が予測する、AI/IoTの先にある世界
AI、IoT軸にシェア拡大狙う ―― 20周年迎えたCTstageの次の進化とは
電気ケトルなど家電の使用をトラッキングして遠方の家族の安全をスマホで知るIoTセンサー「Howz」
IoT人気記事ランキング!docomoスマートパーキングシステムや、マイクロソフトの「Office 365」など [2/13~2/19]
セラク、タキイ種苗と農業IoTサービス「みどりクラウド」の販売代理店契約を締結
IoTセキュリティ対策を検討する“その前に”――企業がまず考えるべきこと
中堅・中小企業が「IoT投資」で売上増に結びつける「最短の」方法
国内IoT市場は2021年までCAGR17.0%で成長――IDCがユースケース別/産業分野別予測
KDDI、トイレの満空情報をIoT+クラウドで提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。